思いきって植毛したら 世界が変わった

植毛で自信を取り戻したビジネスマン

ついでに

夢の実現もリアルになった




きちみや

こんにちは、髪ふさアドバイザーの吉宮です。

自信がつくと、いろんな変化がありますよね。

 

こちらは、東京の自毛植毛に定評のある「アスク井上クリニック」の植毛方法や種類など、クリニックに関する基本的な情報をまとめてみました。

 

 

現在、薄毛対策として植毛を検討されている方は、どうぞ参考になさってください。

 

 

サチコ

最新情報については、必ずクリニックの公式ホームページで確認してくださいね。

 

 

 

アスク井上クリニックの植毛ってどんな方法?

 

 

アスク井上クリニックの自毛植毛は、メスを使わないFUE法を基本とし、「i-SAFE(アイセーフ)」という、独自に考案・開発した技術によって、より生着率の高い状態のグラフト採取を実現します。

 

 

一人ひとりの薄毛症状や、移植する部位などによって、FUE法以外の技法を併用しながら、最終的に患者が望む状態へと植毛を完成させます。

 

 

例えば、メガセッションという広範囲に対する植毛であれば、体の負担を考慮して、FUE法とストリップ法(FUSS法)―――メスを使わない方法と使う方法の、2種類の組み合わせを提案したり、おでこの生え際など、繊細な産毛状の髪の再現には、極細の針を使用した技法を用いたりもします。

 

 

マキ

使えるワザは全部使うって感じね。

 

また、見た目のダウンタイムを嫌う方のために、移植毛(ドナー)採取のための刈り上げを一切行わずにできる植毛方法もあり、施術直後でも、他人に気づかれずに過ごせます。

 

 

【植毛メニュー】

  • スタンダードi-SAFE
  • アンシェーブンi-SAFE(刈り上げない)
  • ハイブリッドi-SAFE(広範囲用)
  • ハイブリッド・アンシェーブン(広範囲用)

 

 

植毛の特徴

 

 

アスク井上クリニックの植毛の特徴はというと、一人ひとりの状態や希望に合わせて、あらゆる植毛の技術を集結・併用しながら、理想に限りなく近づけるというスタイルです。

 

 

特に額の生え際は、毛髪の太さや生え方の角度の微妙な差で、後々になって違和感を覚える方も多く、移植のデザインの段階からとても神経をつかうそうです。

 

 

つまり、植毛の理想とは、誰が見ても、生まれながらの「自然な感じ」を再現する、ということなんですね。

 

 

また、その「こまやかな再現」が得意ということのようです。

 

 

アスク井上クリニックは自毛植毛の専門クリニックですが、それと同時に頭髪治療の専門院として、AGA治療薬も取り扱っています。

 

 

【クリニックの基本情報】

アスク井上クリニック

公式サイトはこちら

アスク井上クリニック

 

※スマホの方は横向きでご覧ください。

クリニック名 アスク井上クリニック
所在地 東京都新宿区歌舞伎町2-46-3

TWG新宿(西武新宿駅前ビル)6階

診察・休診日
  • 完全予約制
  • 不定休
お問い合わせ 0120-2323-18(フリーダイヤル)

受付時間10:00~19:00

診察費
  • ドクターカウンセリング 0円
  • 初診 0円
  • 再診 0円
  • 血液検査 0円

 

  • 基本治療費(手術費)

一律 185,000円

植毛費用例

(税別)

M字の生え際(800グラフト)の場合

  • スタンダードi-SAFE

(980円/1グラフト単価)

総額969,000円

 

  • アンシェーブンi-SAFE

(1,700円/1グラフト単価)

総額1,545,000円

無料

Dr.メール相談

公式HPの専用フォームから相談してください。

井上先生からお返事がきますよ。

無料

カウンセリング

公式HPの専用フォームから予約します。
駐車場 専用駐車場あり
アクセス
  • 新宿駅(東口)から徒歩8分
  • 西武新宿駅(北口)から徒歩1分

 

各駅からクリニックまでの道のりは公式HPの「アクセス」ページに、動画付きでくわしくのっています。

 

 

公式HPで詳細を確認する

アスク井上クリニック

 

 

サチコ

では、もう少し、それぞれの植毛方法について、見ていきたいと思います。

 

 

アスク井上クリニックの植毛方法の種類と特徴

 

植毛クリニックを調べる男性



アスク井上クリニックの植毛が、それぞれどのようなものなのか、特徴的な部分についてチェックしてみます。

 

 

植毛技術「i-SAFE(アイセーフ)」とは?

 

 

i-SAFE(アイセーフ)は、より生着率の高い移植毛(ドナー)採取を実現するために考案・開発されたアスク井上クリニック独自の植毛技術・手技です。

 

 

FUE法は目で確認することのできない頭皮の下の毛根を、細いストロー状の針でくり抜くため、無傷での採取が非常に難しいことから、「FUE法は難易度が高い」と言われています。

 

 

i-SAFE(アイセーフ)は、井上ドクターの長年の経験から、その難点の一つひとつを改善していき、医療器具もより最適化したものを使用することで、移植毛を可能な限り無傷で採取する、という技術です。

 

 

移植部によってマイクロスリット、ホール、ニードルを組み合わせ、ボリューム感とナチュラルな仕上がりを生み出します。

 

 

【ポイント】

  • パンチ口径0.65~0.85ミリを使い分ける
  • 陰圧(吸引力)により、毛根の切断を軽減
  • 浅いパンチ挿入でも、陰圧によって損傷のない移植毛の採取が可能

 

 

傷あとについて

 

 

植毛をする際に、ほとんどの方がとっても気になるのが、植毛したことが他人からバレて恥ずかしい思いをしないか、傷あとが残って後悔したらイヤだな、ということです。

 

 

この「傷あと」と「見た目ダウンタイム」については、公式HPの相談コーナーに寄せられる質問の中でも、一番多いそうですよ。

 

 

【採取した部分の傷あとについて】

 

 

まずは、グラフト(移植毛)を採取した後の傷あとについてですが、これについて、井上先生のお返事は、こうです。

 

皮膚科医 白坂先生

傷あとについてですが、

当院の自毛植毛術「i-SAFE(アイセーフ)」では、超極細の口径を持ったマイクロパンチを使って、後頭部から移植毛(グラフト)を吸引採取しています。

その採取した部分は、傷あとと言っても、わずか数ミリの「点」程度のものなので、傷あと(手術痕)というほどのものではありません。

短髪の方の場合でも、「まったくわからない」と言っていいぐらいです。

その後、髪の毛が伸びてしまえば、植毛したことがバレる、ということはありません。

 

 

【見た目ダウンタイム】

 

 

見た目のダウンタイムというのは、術後のヘアスタイルへの影響のことですね。

 

 

刈り上げるタイプの植毛方法では、グラフトを採取するドナーエリアは2ミリ程度に刈り上げます。

 

 

サチコ

ドナーエリアの候補は、男女ともに後頭部が多いですね。

 

術後、その窓のように刈られてしまった部位をどうするか、という悩みが生じるのですが、実際は、貼りつけるウィッグや増毛パウダーなどで、きれいに隠せます。

 

 

ただ、人前に立つ職業の方や女性など、見た目ダウンタイムをなくしたい方、ふとした拍子に他人にバレないか不安な方には、「アンシェーブンi-SAFE」という、後頭部を刈り上げない方法もあります。

 

 

ヘアスタイルに影響しないこの植毛方法であれば、ウィッグは必要ありませんし、手術翌日にそのまま外出しても、誰にも手術したことはバレません。

 

 

【移植した部分の傷あと】

 

 

移植毛を採取した後頭部(ドナーエリア)の状態は理解できましたが、もう一方の薄毛部分に植毛した傷あとについても気になるところです。

 

 

サチコ

こちらが、井上先生の回答です。

 

井上医師移植した部分は超微細なマイクロスリットによる移植ですから、手術後数日間はかさぶたができますが、非常に細かく小さなものなので既存毛で隠すことができます。

特に髪の毛の隙間への移植は、ほとんど他人に気づかれるということはないでしょう。

 

マイクロスリットというのは、採取したグラフトを植え込む移植孔、つまり頭皮に開けた「あな」ということです。

 

 

それが、とてもとても小さすぎるほどに小さいので、カサブタもかすかな点にしか見えない、ということなんですね。

 

 

マキ

既存毛ってのは・・・

 

サチコ

薄毛の部分に残っている髪の毛のことですね。

 

特に、髪の毛が残っている部分への移植なら、ほとんどわからない、ということです。

 

 

このほか、一般のFUEとi-SAFEとの違いや、効果的な特徴については、公式HPにくわしくのっています。

 

 

サチコ

イラスト付きで、わかりやすかったですよ。

 

 

公式HPで詳細を確認する

アスク井上クリニック

 

 

次に、それぞれの植毛方法について見ていきます。

 

 

スタンダードi-SAFE

 

 

こちらは「刈り上げる」タイプの植毛方法です。

 

 

ドナー採取部(通常は後頭部)は刈り上げますが、必要最小限にとどめる措置をとるので、悪目立ちするようなことはないようです。

 

 

施術が終われば貼るタイプのウィッグ(ヘアシート)や、ボリュームアップスプレー(増毛スプレー)を使うことによってカバーすることができます。

 

 

また、一定の長さがあれば、上の髪がかぶさることで隠せるようにもできます。

 

 

サチコ

そこは、ドクターと要相談ですね。

 

 

【特徴】

  • FUE法(メスを使わない)
  • 刈り上げる

 

 

【費用】

980円/1グラフト

 

(例)M字の生え際(800グラフト)の植毛の場合

 

(980円×800)+基本治療費(手術費)

=969,000円(税別)

 

 

※価格はグラフト数によって変わります。

※必要グラフト数は植毛範囲によって変わります。

※基本治療費は範囲にかかわらず一律です。

 

 

それぞれの薄毛タイプに必要なグラフト数の目安や、症例写真などが公式HPにのっているので、くわしくは、そちらをご覧ください。

 

 

アンシェーブンi-SAFE

 

 

こちらは、「刈り上げない」タイプの植毛方法です。

 

 

後頭部のドナーエリアをいっさい刈り上げず、ストロー状の針(パンチ)で状態の良好な移植毛を、組織ごとていねいにくり抜いていきます。

 

 

時間はかかりますが、見た目に影響せず、術後すぐでも他人に植毛したことがバレないのが特徴です。

 

 

デメリットは、一度の手術で2000グラフト以上を移植する「メガセッション」には、不向き、ということです。

 

 

【特徴】

  • FUE法(メスを使わない)
  • 刈り上げない
  • 見た目ダウンタイムなし

 

 

【費用】

1,700円/1グラフト

 

(例)M字の生え際(800グラフト)の植毛の場合

 

(1,700円×800)+基本治療費(手術費)

=1,545,000円(税別)

 

 

※価格はグラフト数によって変わります。

※必要グラフト数は植毛範囲によって変わります。

※基本治療費は範囲にかかわらず一律です。

 

井上ドクターこのアンシェーブンi-SAFEであれば、後頭部を短く刈り上げないので、手術翌日でも全く分からないものです。

詳しくは『アンシェーブン後頭部動画』をご参照ください。

 

 

公式HPに、刈らずに採取した様子の動画があるので、興味ある方はご覧ください。

 

サチコ

動画は、トップページの中ほどにありますよ。

 

 

アスク井上クリニックは、以上の2種類の植毛方法を基本としています。

 

 

ハイブリッド自毛植毛|広い範囲への植毛

 

 

また、一度に広範囲の植毛を希望する人へは、この2種類と従来のメスを使うFUSS法などを組み合わせることで、身体的な負担を軽減したメガセッションを行っています。

 

 

2種類を組み合わせるので「ハイブリッド自毛植毛」と呼ばれています。

 

 

こちらも2タイプの方法から選べます。

 

  • ハイブリッドi-SAFE

(メスを使う+メスを使わない植毛法)

 

  • ハイブリッドアンシェーブン

(刈り上げない+刈り上げる植毛法)

 

ハイブリッド・アンシェーブンのほうは、術後のヘアスタイルを気にする方でも、うまくカバーできるように工夫してもらえます。

 

 

広範囲への植毛に興味のある方は、ホームページをご覧ください。

 

 

ハイブリッド自毛植毛それぞれについての説明がイラスト付きでわかりやすく紹介されています。

 

 

また「症例一覧」ページには、植毛をした方の症例写真と、それぞれグラフト数をふくめた手術内容の詳細なども出ているので、いろいろと参考になると思います。

 

 

公式HPで詳細を確認する

アスク井上クリニック

 

 

 

アスク井上クリニックで植毛を受ける人の年齢層って?

 

植毛手術を考える青年



アスク井上クリニックでは、だいたい30代、40代の方が半数以上を占めているようです。

 

 

ただ、最近では20代後半ぐらいの方で植毛を希望される方が増えているそうです。

 

 

男女比では、女性の割合は全体の1割程度ですが、こちらも最近になって増加傾向にあるようです。

 

 

皮膚科医 白坂先生

女性の生え際などは、当院は仕上がりの良さに定評がありますので、徐々に女性の患者さんも増えて来ております。

 

ということなので、女性も勇気と希望をもって、憂うつな悩みを解決してくださいね。

 

 

額の生え際に植毛した女性



アスク井上クリニックの特徴

 

 

  • カウンセリングから施術まで、すべて井上医師が行います
  • 常に安全性の高い医療を目指しています
  • 新しい技術を取り入れた自毛植毛医療を提供し続けています。
  • 自毛植毛の現場で経験を積み重ねた看護師とのチーム医療体制
  • 植毛経験のあるアドバイザーがサポート
  • 適切なコスト設定
  • 遠方の方のための宿泊・交通費サポートあり

 

 

サチコ

そして、もう一つ。

 

  • 「最善な結果」にこだわった治療を目指しています

 

 

皮膚科医 白坂先生

これは、患者様にとって一番重要なことは、植毛したあとのことだからです。

 

【植毛の最善な結果とは?】

  • 「まるで最初から生えていたかのようなナチュラルな生え際」
  • 「ブラシの通りも滑らかで周囲の髪の毛の流れに沿った美しい仕上がり」
  • 「自毛植毛を受けたことさえ忘れてしまうほどのフィット感と自然さ」
  • 「何より新しく生まれ変わった自分を感じる最高の満足感」

 

 

宿泊費・交通費サポートについては、公式ホームページでご確認ください。

 

公式HPを確認してみる

アスク井上クリニック

 

 

アスク井上クリニックの医療スタッフと雰囲気はどう?

 




クリニックの雰囲気というのも治療を受ける側としては、大切な要素です。

 

 

また、初めてのクリニックに行くのは、ちょっと不安と緊張をともなうイベントでもあるので、前もって、どのような雰囲気なのか知っておきたいですよね。

 

 

ということで、アスク井上クリニックを知っている方々に、「どんな感じだった?」と聞いてみました。

 

 

サチコ

こんな感じでした。

 

  • 「先生がにこにこして安心できた」
  • 「すべてがていねいだった」
  • 「井上先生の説明がわかりやすく、納得できた」
  • 「緊張してたが、気が付いたらリラックスして質問できた」
  • 「スタッフがにこやかでよかった」
  • 「院内がホテルのようだった」
  • 「内装がすっきりしていて清潔だった」
  • 「落ち着ける雰囲気で、皆さん親切だった」
  • 「個室のソファーが気持ちよかった」

 

といった感じの口コミで、わりと「ほのぼの感」があるクリニックだったそうです。

 

 

以前にお世話になった方や、カウンセリングに行った方などの感想なので、現在の状況とは多少違うかもしれませんが、クリニックの性格自体はそう大きく変わらないと思います。

 

 

ただ、人と人との相性というのは、実際に会って見なければ分からない部分もありますので、最終的には、カウンセリング時にご自分で判断してくださいね。

 

 

そして、「あ、ここ、安心できる」と感じたなら、相性がいい、と言えるんじゃないでしょうか。

 

 

【アスク井上クリニックの院長】

※スマホの方は横向きでご覧ください。

院長 アスク井上クリニック

院長  井上 浩一

院長経歴 1988年 熊本大学医学部卒業

1988年 熊本大学医学部付属病院 勤務

1989年 某大手美容整形外科クリニック 本院勤務

1998年 都内美容外科クリニック 院長就任

2002年 米国での自毛植毛研修を経て植毛クリニック開院

2006年 某大手植毛クリニック 院長就任

2014年 アスク井上クリニック 開院

 

 

サチコ

これまで手掛けた症例数は4000以上ということです。

 

【院長からのメッセージ】

井上ドクター≪患者様の喜びがすべて≫

私はこれまで薄毛治療、特に自毛植毛に深く関わってきました。

アスク井上クリニックでは、これまでの経験を生かし、医学的根拠に基づいた治療を提供することは勿論、患者様から信頼していただける薄毛治療のクリニックになることを目指しています。

そのためにも、私たちは薄毛治療のエキスパートによるチーム医療体制で、患者様一人ひとりの悩みの解決に、日々真摯に取り組んでおります。

薄毛のお悩みのことなら何でもお気軽にご相談ください。

本当に満足していただけることを念頭に、適切な治療法をご提案させていただきます。

私たちアスク井上クリニックは、信頼できるスタッフとともに自毛植毛を含む薄毛治療をこれからも提供し続けます。

 

 

ということです。

ちょっとした質問などは、「ドクターの無料メール相談」コーナーがあるので、そちらを利用するといいと思います。

 

 

サチコ

例えば、こんな質問。

 

タケシ君(影)

クリニックの待合で、ほかの患者と顔を合せたりしますか?

井上ドクター極力他の患者さんにお会いすることの無いよう、予約調整しております。

ただ、全国から多くの患者さんがお見えになっていることから、絶対に他の患者さんと一緒にならないということは言い切れませんが、待合室などは個別に仕切られております。また、個室もご用意しておりますので、基本的にお顔を合せることはございません。

 

必ず、予約をとってから行きましょう。

 

 

タケシ君(影)

九州在住なのですが、植毛手術を受けるには何回ぐらいの通院が必要ですか?

井上ドクター患者様のご都合、または生活スタイルを第一に、遠方の方にもご安心いただけるご提案をさせていただきます。

例えば、カウンセリングと手術を1日ですませることも可能です。

また、宿泊施設などもご相談いただければ用意することも可能です。

まずはメールや電話でご相談いただければと思います。

 

 

これ以外にも、公式ホームページに、みんなが気になる「よくある質問」をまとめたページがあるので、ご覧ください。

 

 

公式HPで詳細を確認する

アスク井上クリニック

 

 

アスク井上クリニックの基本スペック(まとめ)

 

皮膚科医 高宮先生


ここまでチェックしてきた、アスク井上クリニックの基本情報を、かんたんにまとめました。

 

 

※スマホの方は横向きでご覧ください。

クリニック名 アスク井上クリニック
診察・休診日

完全予約制

不定休

お問い合わせ 0120-2323-18(フリーダイヤル)

受付時間10:00~19:00

カウンセリング予約 公式HPの専用フォームから「無料カウンセリング予約」を行います。
診察費
  • ドクターカウンセリング 0円
  • 初診 0円
  • 再診 0円
  • 血液検査 0円

【基本治療費(手術費)】

185,000円(範囲にかかわらず一律)

植毛費用例

(税別)

【スタンダードi-SAFE】

  • 980円×グラフト数

 

【アンシェーブンi-SAFE】

  • 1,700円×グラフト数
Dr.メール相談 薄毛に関して、井上先生が無料で相談にのってくれます。

ていねいなお返事がきますよ。

駐車場 クリニック専用駐車場あり
クリニック

所在地

東京都新宿区歌舞伎町2-46-3

TWG新宿(西武新宿駅前ビル)6階

アクセス 新宿駅(東口)から徒歩8分

西武新宿駅(北口)から徒歩1分

(2020年8月時点の情報です)

 

東京から遠方に住んでいる方は、支援サポートについてクリニックに聞いてみてくださいね。

 

 

ホームページには出ていませんが、何らかのサポートが用意されていると思います。

 

 

そして、クリニックの公式ホームページは更新が早い傾向があるので、必ず最新情報を確認してくださいね。

 

 

では、しっかりと事前リサーチをして、自分にとっての最良のクリニックを見つけてください。

 

 

公式HPで詳細を確認する

アスク井上クリニック

 

アスク井上クリニック
公式ホームページはこちらから