きちみや

こんにちは、髪ふさアドバイザーの吉宮です。

 

 

ここでは「薄毛」「若ハゲ」のそもそものきっかけとなる、

 

 

「要因」というものを確認していきたいと思います。

 

 

薄毛になりやすい方は、その辺りを気にかけていると、

 

 

少しでも薄毛の進行を遅らせることは可能ですよ。

 

 

 

 

「若ハゲ」まっしぐらな運命ってどういうワケ!?

薄毛が気になる男性



「薄毛」「若ハゲ」に至るには何らかの要因があるはずです。

 

 

でなければ、

 

「隣のアイツはフサフサでのんきに笑ってンのに、

 

オシャレでイケてるリア充な「俺」の頭がカッパってな、

 

どーいうワケだよっ!

 

カッパだとバレねえうちに早く結婚しちまわねーと、

 

マジ、やべえ・・・」

 

(大阪府:28歳男性 K・S君

吉宮収集『悩める青年たちの心の怨嗟』より)

 

と、このような事態に陥るはずがありません。

 

 

隣の「アイツ」と「俺」との違いって、一体何なのでしょうか。

 

 

今やますます長寿大国日本です。

 

 

そのまま70歳、80歳、そして白寿に至るまで、老化をともないながらも、正常な毛周期をめぐり続けてくれれば文句はないのですが・・・。

 

 

「成長期」「退行期」「休止期」という毛周期が乱れることによって、「薄毛」「若ハゲ」のスイッチがONになってしまうのなら、なぜ「ON」に入るのか、その原因となるものを追求してみましょう。

 

 

どれが自分に当てはまっているのか、ちょっと考えてみてくださいね。

 

 

「薄毛」と「脱毛症」、「発毛」と「育毛」その言葉の意味

 

 

薄毛に関する言葉の定義を、念のため、確認しておきたいと思います。

 

 

(薄毛・脱毛症、発毛・育毛という言葉の定義)

薄毛とは? 薄毛とは、髪が生え変わるたびに徐々に細くなっていき、

コシもツヤもなくなり、やがて髪の毛全体のボリューム感がなくなった状態のことを指します。

それによって地肌が透けて見えるようにもなります。

髪のミニチュア化と言われています。

脱毛症とは? 過去には生えていた毛穴から毛髪が生えなくなった状態。

また頭部全体の毛密度が生来の50%以下に低下した状態を指す。

発毛とは?   発毛とは「毛穴から再び髪の毛を生やすこと」を指します。
育毛とは? 生えてきた毛を「コシがあり、太く、長く」なるよう育てる、

もしくは現状維持を図ることを指します。

 

 

「薄毛」や「若ハゲ」に関する資料を読み漁っていると、

 

 

いろんな言葉が飛び交って、

 

 

感覚的には理解しているつもりが、実は微妙に違う解釈をしていた、

 

 

ということはわりとよくあることなので、

 

 

違いを覚えておきたいですね。

 

 

サチコ

いろんなCMの、言葉のマジックに引っ掛からないためにもね。

 

特に育毛と発毛がまぜこぜになっている方は多いですし、

 

 

薄毛ケア商品のキャッチコピーやイメージCMを見て、

 

 

うっかり都合よく勘違いしてしまう方も、わりといらっしゃいます。

 

 

日常生活にひそむ薄毛の原因の数々

 

 

薄毛というのは、

 

 

髪の「成長期」「退行期」「休止期」という健やか毛周期が、

 

 

何らかの原因で乱れてしまったがために、起きる状態のことを言います。

 

 

そうなる原因には、さまざまなものが挙げられます。

 

 

  • 精神的ストレス
  • 過労
  • 慢性的な睡眠不足
  • 過度なダイエット
  • 運動不足による身体機能の低下
  • 偏食
  • 暴飲暴食
  • 過酷な運動
  • タバコなど・・・

 

 

生活習慣が複数重なっての要因ということもあります。

 

 

これらは「薄毛」「若ハゲ」の直接的な原因ではないにしろ、

 

 

生活の改善に取り組むことによって、何らかの良い結果を導き出すことができるでしょう。

 

 

その他にも、不可抗力な要因として挙げられるのが、遺伝とホルモンバランスの崩れ、などです。

 

 

以上のようにたくさんありますが、主だったものを詳しく見ていきましょう。

 

 

 

「薄毛」「若ハゲ(脱毛)」の6要因!

 

 

AGAを含んだ「薄毛」や「若ハゲ(脱毛)」には、それなりの要因があります。

 

 

主だったものを、確認しておきたいと思います。

 

 

(怪  我)

 

 

物理的に激しい衝撃(やけど・外傷)を受けると、

 

 

その部分の毛包が破壊され、脱毛が起きます。

 

 

サチコ

とりあえず、その怪我を治してから、ですね。

 

 

(細菌感染)

 

 

細菌・真菌の感染によって毛母細胞が破壊され脱毛症となります。

 

 

初期の段階で感染症治療を行えば、再び発毛する可能性もあります。

 

 

重症化すると毛母細胞が破壊されてしまいます。

 

 

サチコ

すみやかに病院へ、GOですよ。

 

 

(ストレス)

 

 

強いストレスを受けると、交感神経と副交感神経から成る自律神経のうち、

 

 

緊張時に活性化する交感神経が優位な状態になります。

 

 

結果、アドレナリンが分泌され、この作用によって血管が収縮します。

 

 

血流が悪くなり、細胞に栄養が行き届かなくなるため、

 

 

毛根の栄養状態も悪くなり、脱毛が起こります。

 

 

サチコ

たまには、自分をねぎらい、労わってくださいね。

 

 

(遺  伝)

 

 

薄毛の進行を加速させる要因として男性ホルモン(DHT)の影響があります。

 

 

そして、この男性ホルモンが毛髪にどの程度、どのように影響するかは、

 

 

遺伝が関係している、とされています。

 

 

以前は、薄毛になるのは、

 

 

「父親の遺伝(体質)を受け継いだ」と考えられていたのですが、

 

 

今では母方からの遺伝、と言われています。

 

 

母方のおじい様、先祖代々のお写真・肖像画などをご覧になれば、

 

 

おおよその自分の未来の姿が見えてきます。

 

 

ただ、父親が薄毛だと、その息子も同じように薄毛となっているケースも多いことから、

 

 

遺伝はAGA要素の一部と考えた方がいいようです。

 

 

太った人の家族に太った人が多いように、

 

 

食生活を含む生活習慣が同じであると、外見は似た特徴が現れやすくはなります。

 

 

また、「太る体質」というのと同じように、

 

 

「薄毛になりやすい体質」を受け継いでいる、ぐらいに考えておくといいかもしれません。

 

 

サチコ

ただ、あなたの代で変わるかもしれません。

ぜひ、変えましょう!

 

 

関連記事⇒「薄毛の遺伝は父方?母方?生活習慣でハゲ遺伝は予防できるってさ

 

 

(偏った食事)

 

 

体をつくり上げているのは、日々の食事です。

 

 

食事で摂り入れられた栄養は毛細血管を通して体中をめぐります。

 

 

そして生命の維持に欠かせない内臓から優先的に栄養は使われるため、

 

 

表皮(肌)、そして髪や爪は後回しとなってしまいます。

 

 

偏った栄養分、不足した栄養分の状態が続けば、髪や爪に栄養は行き渡りません。

 

 

全身に十分な栄養がめぐった時、

 

 

その栄養は血流にのって毛母細胞へと運ばれ、

 

 

細胞分裂・増殖によって髪をつくりだすことができます。

 

 

体を、髪を、爪をつくる材料である栄養をバランスよく摂ることが、

 

 

健康で美しい肉体、艶やかな髪、爪を保つことにつながります。

 

 

サチコ

何でもそうですが、偏ってはいけません。
偏屈もいけません。

調和が大切ですよ。

 

 

(過度なダイエット)

 

 

ダイエットというと、イコール食事制限となりますね。

 

 

バランスよく、全体の量を抑えるというのならまだしも、

 

 

例えば、糖質制限がいつの間にやら糖質完全カットとなっていたり、

 

 

肉のみ、リンゴのみ、野菜のみ、サプリのみ、〇〇のみ、と極端なことを続ければ、

 

 

身体をつくる原材料をまともに仕入れていないのと同じになります。

 

 

もろに偏った食事です。

 

 

すると、全く足りていない原材料を前に、

 

 

慌てた体はとりあえず生命維持のため、

 

 

最も重要な脳と心臓へ、ありったけの栄養をせっせと送り込もうとします

 

 

他は二の次、三の次です。

 

 

ましてや、

 

 

「―――髪? ンなものなくてもいいでしょ。今、それどころじゃないし!」

 

 

というわけです。

 

 

マキ

髪・・・なくなるわよ?

 

 

現在、若い世代で「飽食の中の栄養失調」ということが問題となっています。

 

 

昔の大飢饉や戦後の物資がない時代の「食べるものがなくて」という理由ではなく、

 

 

毎日、きちんと食べているにもかかわらず低栄養に陥り、

 

 

代謝機能の低下を招き、ホルモンバランスが崩れ、

 

 

やがて体の不調を訴えるというケースです。

 

 

何ごとも極端に走らないでくださいね。

 

こうやって一つ一つを詳しく見ることで、

 

 

おのずと「薄毛」の予防対策が見えてきませんか?

 

 

上記以外の「深酒」「タバコ」「運動不足」「運動しすぎ」「睡眠不足」・・・

 

 

まだまだ挙げられるけれど、

 

 

要するに「健全ではない状態」がいけないということですね。

 

 

できる予防はハゲる前からやっておこう

 

 

予防という意味では、

 

 

・「シャンプー剤はきちんと洗い流す」

 

 

男女ともに、わりとシャンプー剤をたっぷりつけて洗う方が多いようです。

 

 

洗い流す際には、地肌に液剤が残らないようにしっかり洗い落としてください。

 

 

「頭皮マッサージを正しく行う」

 

 

決して指の腹で頭皮をこすらないよう指圧を利用して、もむように行ってください。

 

 

頭皮に指をすべらせないこと。

 

 

休止期の髪にとって、とてもイタいです(>_<)!

 

 

頭皮マッサージ用の器具を用いるのも、むしろ圧が安定してよいでしょう。

 

 

これら予防に関しては、またいずれまとめてみたいと思います。

 

 

これから「薄毛対策」に乗り出そうとするならば、

 

 

一度、今の生活全般を見直してみてください。

 

 

治療と並行して健康生活水準を引き上げ、

 

 

その引き上げた状態を、今後の生活レベルと定めて、

 

 

ぜひとも髪ふさ健康ライフを手に入れてくださいね。

 

 

サチコ

髪だけでなく、周囲が気づくほど肌が若返りますよ。