輝く電球と社会人男性

 

 

きちみや

こんにちは、髪ふさアドバイザーの吉宮です。

 

長年の薄毛の悩みを解消するため、植毛することを決めたなら、次はいよいよ植毛クリニックを探すわけですが・・・。

 

  • 「どこがいいのか、知ってる?」
  • 「何を基準に探せばいいの?」
  • 「おすすめの植毛クリニックはどこ?」

 

そんな声が聞こえてきそうです。

 

後々後悔しないためにも植毛クリニックだけはしっかりと選びたいですよね。

 

ただ、クリニックの数が多すぎて何を基準に選べばいいのかわからない、という方も多いと思います。

 

植毛した友人などがいれば話も聞けるのですが・・・そう都合良く、周りにいるはずもないし。

 

そこで今回は、後悔しないための「植毛クリニックの選び方のコツ」をまとめてみました。

 

これから探すんだ、という方はぜひお役立てくださいね。

おすすめ植毛クリニックなんて、あてにならない!?

 

驚く女性

 

おすすめの植毛クリニックというものは、正直言ってありません。

 

なぜかというと、人によって好感度も満足度も異なるため、誰かが「ここ、おすすめだよ」と推薦してくれても、実際に行ってみると「なんか・・・思ってたのと違う」というケースも実際にあるみたいです。

 

その逆もまた、あります。

 

サチコ

自分がお世話になったクリニックが、なぜかネット上ではこき下ろされていたり、とかね

 

それよりも、失敗しない植毛クリニック、という観点で調べてじっくりと選んでいくほうが、確かなクリニックを探し当てる率が高まります。

 

「人のおすすめ」は参考クリニックの1つとして考えるぐらいで、ちょうどいいと思います。

後悔しない植毛クリニック選び「5つの条件(基準)」とは?

 

確認作業

 

では「失敗しない」「後悔しない」ためには、どのような基準で植毛クリニック探しをすればいいのでしょうか?

 

ポイントは、先生の実力です。

 

どのような先生が植毛するのかによって、仕上がりに差が出ます。

 

ただ、自分が選んだ先生が、どれほどの腕前かは・・・実際に植毛してみなければわかりませんよね。

 

そこで、高い経験値と技術力を持っている先生を探り当てるためには、以下の基準を満たすクリニックを探します。

 

植毛クリニック選びの5つの基準

 

  • 植毛の専門クリニックを選ぶ
  • 植毛医本人の実績が高いクリニックを選ぶ
  • 植毛の内容、費用、リスクを明確に説明するクリニックを選ぶ
  • アフターケアがしっかりしているクリニックを選ぶ
  • 病院名や所在地が短期間に変更されていないクリニックを選ぶ

 

以上の5点をクリアしていれば、おそらく間違いが起こることはないと思います。

 

指ぴん

 

数名の植毛経験者に「どうやって植毛クリニック探したの?」と質問してみたところ、共通しているのが上からの4点でした。

 

最後の1点は私が付け足しましたが、後悔しないための重要なポイントでもあります。

 

この5つの基準は、実はそのまま優良な植毛クリニックの条件でもあるので、記憶しておいてくださいね。

 

1つずつ、もう少し詳しく見ていきましょう。

植毛の専門クリニックを選ぶ

 

植毛をするなら、植毛専門クリニックを選びましょう。

 

数あるメニューの中の1つとして植毛を扱っているクリニックだと、植毛施術のための設備も専門院ほどは整えられているとは思えません。

 

また、専門に扱っていないということは、植毛を専門としている医師と同等以上に経験があるとは思えません。

 

これは、大手であろうと開業医であろうと、同じことが言えます。

 

特にわかりにくいのが大手クリニックですが、植毛を扱うクリニックが限定されていて、植毛医が特定されているならば、それは専門院と見ていいでしょう。

 

逆に、数年ごとに勤務医の顔ぶれが変わるクリニックは、たとえそこが植毛専門院として扱われていても、医師の経験値および植毛技術に不安を覚えます。

 

開業医の場合も、そのクリニックが植毛をメインとして扱っているかどうかで判断してみるといいかもしれません。

植毛実績が高いクリニックを選ぶ

 

植毛実績が高いクリニックを選ぶことは当然です。

 

ただ、もう一歩踏み込んで、植毛医本人の実績もチェックしておきたいところです。

 

クリニック全体に膨大な数の植毛成功例があったとしても、自分の担当が未熟な半人前だと、植毛後の未来が不安です。

 

確認すべきは、医師個人のこれまで手がけた植毛施術の件数や、植毛にたずさわった年数、経歴などです。

 

そこから、おおよその実力を推し量ることは可能です。

 

サチコ

例えば、こんな見方をすることもできます。

 

  • 植毛大手に勤務経験があれば、爆発的に高い経験値を得ている
  • 実力のある植毛開業医は、非常に高い技術力を有している
  • 実力がない開業の植毛クリニックは淘汰される(消えていく)

 

ほとんどの植毛クリニックでは、施術担当医の経歴が公表されています。

 

それを見て、どこの医大を卒業して、どこで技術を磨いてきたかなど、イメージをふくらませながら本人の実力を測ってみると、いいそうです(自称「植毛マニア」氏の談)。

 

サチコ

卒業後、どこの病院に何年いて、いつ美容系に移ったか、などですね

 

とにかく大事なのは、植毛施術を行う医師本人の実力(経験・技術力)です。

植毛の内容、費用、リスクを明確に説明するクリニックを選ぶ

 

カウンセリングの時点で、簡単に頭髪の状態を診てくれます。

 

そこから、それぞれに合った植毛の種類や、植毛範囲など、ていねいに説明してくれるクリニックでなければいけません。

 

そして、良いことばかりでなく、リスクについてもごまかすことなく明らかにしてくれるクリニックを選びましょう。

 

もちろん、植毛費用についても「この植毛コースだと、これだけの費用がかかります」ときっぱり伝えてくれることが大切です。

 

費用に関して、後から後から追加されていくような事態は避けたいですからね。

 

最初に植毛内容(コース)を決めて、それ以上の費用はかからない、と明朗会計を方針にしているところが安心です。

 

また、良心的なクリニックだと、費用相談にも応じてくれます。

 

もちろん値引きしてくれるわけではないのですが、用意した予算内で何とかできないか、ということをいっしょに考えてくれます。

 

サチコ

大手では、何らかの割引サービスを提案してくれることがありますよ

 

予算的に苦しい場合も、恥ずかしがらずに何でも言ってみることです。

 

先生やカウンセラーが知恵をしぼってくれます(たぶん・・。限度があるけれど)

 

どうしても予算が足りないなら、出直せばいいだけの話ですから、ね。

 

サチコ

足りない分をアルバイトで補って、同じクリニックに行ったら「おお・・・!よう来た」という里帰りした息子を迎える空気がクリニック全体に漂った・・・気がしたそうです(40代K氏談)

 

【予算的に苦しい場合の対策例】

 

  • 長期の分割払いで一回ごとの支払いの軽減
  • 複数回に小分けにしての植毛計画にシフト
  • 安価なスタンダード植毛を選ぶ(刈り上げ式)

アフターケアがしっかりしているクリニックを選ぶ

 

日本の植毛クリニックでは、初診・再診の費用もすべてコミコミとなっているところが多いようです。

 

もちろん、植毛後の定期検診なども、特に費用はかからないみたいです。

 

現在、オンラインでの診察も普及してきているので、遠方の方でもほとんど不便を感じることなく植毛後のサポートを受けられるようになっています。

 

何か不具合を感じたら、診察代のことを気にすることなく先生に連絡して、判断をあおぐことができるというのは、それだけで安心できます。

 

植毛したらハイ終わり、ではなくその後の経過にも寄り添ってくれる植毛クリニックを選んでくださいね。

名称や所在地がたびたび変更されていないクリニックであること

 

院長は同じなのに、クリニックの所在地や名称が数年で変更を繰り返しているようなところは、避けたほうが無難です。

 

そうせざるを得ない何らかの事情があるからと推察します。

 

サチコ

美容クリニックの一部に多いケースです

 

これが最もリスクが高いと感じているのですが、ついでにおすすめしないクリニック例もみておきましょう。

おすすめしない植毛クリニックの例

 

否定する白衣の男性

 

クリニックそれぞれに長所短所あるとは思いますが、同業他院(人気ある有名クリニック)の悪口・批判的内容を、SNSやブログ等で熱心に発信しているタイプのクリニックは、あまりおすすめしません。

 

また施術費用が(根拠なく)他院と比べていちじるしく低価格なクリニックは、お財布的には魅力的なのですが、なぜその料金設定が可能になったのかを考えた時、やや不安が残ります。

 

また、植毛は医師と看護師のチームワークの練度が重要ということなので、サポートする看護師が専任ではないところは、やはり専任看護師を抱えているクリニックと比較すると不安です。

 

そして、予算が少ないと打ち明けているにもかかわらず、より高額な植毛をプッシュしてくるクリニックの姿勢(営業攻勢)は不安材料にしかなりません。

 

避けたい・おすすめでない植毛クリニック例まとめ

 

植毛をお任せするにはリスクが高いかもしれないクリニック例です。

 

  • 植毛を専門に扱っていないクリニックは避ける
  • 植毛費用が安価すぎるクリニックも避ける(安価な理由が納得できる場合は別です)
  • 植毛施術をサポートする専任看護師が少ないクリニックは避ける
  • 予算を無視して高価格帯の植毛コースを強くすすめるクリニックは避ける
  • 同業の悪口を拡散しているクリニックは避ける
  • クリニックの名称や所在地を何度も変えている院長のクリニックは避ける

 

こうして並べてみると、植毛を受ける側にも「実」を見分ける強い意志が必要なのかもしれませんね。

植毛カウンセリングは受けなくてもいい?

 

カウンセリングを受ける男性

 

植毛クリニックを選ぶ際、カウンセリングをいちいち受けるのがめんどうくさいと感じる方も、けっこう多いようです。

 

その理由は「ホームページを見れば、だいたいのことはわかるから」だから「いちいち植毛の説明を受けなくてもいい」ということだそうです。

 

事前リサーチを熱心にした方に多い意見ですが、そういう方々でも結局はカウンセリングを受けることになります(そういう手順だから)。

 

どうせ受けるのだから、最初から素直に行けばいいのに、とも思いますが・・・。

 

それはともかく、カウンセリングではホームページから得られる以上の植毛情報がもたらされます。

カウンセリング時に得られる情報とは?

 

クリニックによって多少、異なります。

 

  • 過去に植毛した人の写真等
  • クリニック独自の植毛技術について
  • 希望する植毛法の相談
  • 正確な植毛費用
  • 頭皮・頭髪の診察(クリニックによる)
  • その他(HPに記載されないことなど)

ホームページでは昨今、医療広告ガイドラインの規制によって掲載できない情報やお得サービスなども、カウンセリングに出向くことでつまびらかにされます。

 

カウンセリングで知り得た情報から、そのクリニックを選ぶかどうかを判断する、ということです。

 

ちなみに、このカウンセリングは無料で受けられるところが多いので、対応してくれた先生との相性もふくめ、クリニックの雰囲気なども観察して、しっかりと情報収集してきてください。

 

気になるクリニックがあれば、とりあえずカウンセリングに行ってみましょう。

  1. 公式HPからカウンセリング予約を入れる

  2. クリニックから確認メールがあり日時決定

  3. カウンセリング

  4. 納得できれば植毛を申し込む(いったん帰宅もOK)

カウンセリングを受けて納得したら、その場で植毛を申し込んでもいいですし、いったん持ち帰って、ゆっくり考えるのもありです。(その場で決めなければいけないことはありません)

 

気になる植毛クリニックが複数あれば、それぞれにカウンセリングを受け、それから一番いいと感じたところを選ぶのも、良い選び方です。

医療広告ガイドラインって何?

 

医療機関(美容クリニックなど)が打ち出す広告というのは、皆がすんなりと信じやすく、書かれてあることに疑いを持つということも、あまりしません。

 

医療関係者なら「あり得ないだろ、これ」「これは違うよね」と違和感を覚える内容でも、一般ユーザーには、そんなことわかりません。

 

素直なまま信じて、思ってもいない結果に泣く事例が後を絶ちませんでした。

 

そこで、医療広告(宣伝)については、見る人々が「十分な医療知識を持っていない」ことを前提に、院内設備や治療法がいかに優れているかや、治療効果に関する記載は認められなくなりました。

 

もちろん、キャンペーンなどの記載はもってのほか、ということです。

 

情報が欲しいユーザーは「え~・・・」と思うかもしれませんが、素直な人々には、ほんのちょっぴり住みよい情報社会になったかもしれません。

 

そこで、欲しい情報は自分から取りにいかないとダメ、ということなのです。

 

その機会が今は「カウンセリング」ということです。

植毛クリニックに持参すると便利な物ってある?

 

考えるスーツ姿の男性

 

植毛クリニックのカウンセリングは純粋に説明だけの場合もあれば、先生が簡単に頭髪の状態を診て、適した植毛法のアドバイスをしてくれることもあります。

 

いずれにしても、まず問診票の記入が必要で、ここに書かれた内容から植毛施術ができる人かどうかを先生が判断するわけです。

 

問診票の記入では、「既往歴(きおうれき)」という欄です。

 

ここがあいまいだと非常に困るので、あらかじめ自分の病歴をメモにまとめておき、お薬手帳もいっしょに持参しましょう。

 

服用中の薬によっては施術できないこともあります。

 

また、植毛について質問があれば、それもメモにまとめておきましょう(緊張して聞きそびれそうだから)。

 

  • 病歴をまとめたメモ
  • お薬手帳
  • 質問をまとめたメモ

植毛施術はカウンセリング当日でも受けられる?

 

AGAとFAGAに悩む男女

 

通常、カウンセリングをした日に植毛施術をすることはありません。

 

カウンセリング後は、そのまま帰るか、あるいは植毛の申込みをして帰るか、のどちらかです。

 

  • そのまま帰宅(いったん家に帰り、じっくり考えてから判断したい方)
  • 植毛申込み(説明を聞いて納得し、そのまま植毛施術の予約手続きを行う方)

 

カウンセリング日に植毛を申し込んだ方は、改めて診察を行い、血液検査を受けてから帰宅することになります。

 

この検査結果がわかるのも早くても翌日以降です。

 

カウンセリングを受ける⇒帰宅

(納得したら)

  1. 植毛施術を申し込む

  2. 初診・撮影・血液検査(約1時間 )

  3. 血液検査結果(1週間以内)

  4. 植毛施術の予定日

 

このように、植毛するには何かと事前の準備が必要なので、思い立ったその日に植毛することはできないのです。

 

サチコ

ですが、方法はあります。

「1DAY植毛」遠方なので一日で全部すませたい

 

カウンセリング終了後、いきなり「今すぐ植毛してもらえませんか?」と言われても無理な話ですが、前もって電話やメールなどで相談しておくことで、それが可能になることもあります。

 

いわゆる「ワンディ植毛」ですね。

 

とにかく、まずは相談してみることです。

 

サチコ

ただし、こういうイレギュラーな相談は、確実にそのクリニックで植毛する場合に限ります。

まとめ

 

説明する女性スタッフ

 

日本には、世界的に見ても相当高度な技術を持った植毛専門のクリニックが数多くありますが、そうでないところもまた多いのも実情。

 

それを見極めるためには、自分で情報収集するしかありません。

 

人の噂(ネットの口コミ)や評価はうのみにせず、誰かのおすすめ情報も判断材料の1つとして考えるぐらいが、ちょうどいいと思います。

 

そうやって気になる植毛クリニックがあれば、めんどうがらずにカウンセリングを受け、そこで生の情報を入手してください。

 

そうやって選んだ植毛クリニックなら、きっとそこは「当たり」です。

 

薄毛の悩みを断ち切ってくれる、いい植毛先生を早く見つけてくださいね。