きちみや

こんにちは、髪ふさアドバイザーの吉宮です。

 

 

薄毛治療をするなら、どこのAGAクリニックに行くべきか―――。

 

 

ネット検索で簡単に調べられるけれど、情報が多すぎて、かえって迷いますよね。

 

 

そして、口コミ情報もさまざまで、さらに迷いに拍車がかかります。

 

 

そこで、「薄毛治療をするならどこのクリニックがいいのか」という、自分にとってのベスト・クリニックを探し出すための、いくつかのポイントを見てみたいと思います。

 

 

 

薄毛治療するならどこ?「一般病院」か「専門クリニック」選ぶのはどっち?








薄毛治療を始めよう、と決意を固めたならば、次はクリニック選びですね。

 

 

選ぶと言っても、あまりにも数が多すぎて、何を基準に選択していけばいいのか、戸惑います。

 

 

でも、その中から最適クリニックを選びださなければなりません。

 

 

まず、

 

 

一般の皮膚科よりも「AGA専門クリニック」を選択してください。

 

 

これは、一般皮膚科では、そもそも男性型脱毛症(AGA)は病気ではないので、頭皮に炎症など、病因の有無を調べるだけ、ということもあります。

 

 

また、AGAに対応している場合でも、処方できる医薬品は国内で認可が下りているプロペシアのみとなります。

 

 

ミノキシジルの内服は未承認のため、処方されません。

 

 

内科医 福崎先生

ミノキシジルの外用薬なら、育毛剤で『リアップ』などの商品が薬局で買えるよ

 

 

最初から、専門クリニックへ行ったほうが親身に対応してもらえます。

 

 

(よく女子が、顔にシミができて皮膚科へ行っても、ビタミンCの外用薬(高額)を出されて終わり――ってのと同じですかね。そのシミが何らかの病の兆候でない限り、相手にされません)

 

 

そういう理由から、最初から薄毛治療を専門に扱っている病院(クリニック)を選ぶのが、よいでしょう。

 

 

専門クリニックであっても、他の病気が疑われる場合は、適切な病院を紹介、もしくは受診診療科をアドバイスされます。

 

 

薄毛治療するならどこ?「料金高すぎっ⁉」AGA専門クリニックの治療費

 

 

はい。専門クリニックで治療を受けると、高額が請求されます。

 

 

なぜかというと、健康保険が適用されないからです。

 

 

なぜ、保険が使えないのかというと、薄毛(男性型脱毛症・びまん性脱毛症など)はそもそも病気とは認められていないからです。

 

 

髪が薄くなっても、見た目にはダメージを受けますが、命にかかわることはありませんし、そのことで日々の生活に支障をきたすものでもありません。

 

 

なので、一般病院で診てもらったとしても、保険は使えません。

 

 

専門クリニックでは初診・再診料は無料で設定しているところも多いので、かえって、その分お得ですね。

 

 

【一般皮膚科】

初診料+処方薬(プロペシア)全額自己負担

 

 

【AGA専門クリニック】

初診料(無料)+処方薬(オーダーメイド)全額自己負担

 

 

また、一般皮膚科では、出される薬は認可薬のみ、ということで限られていますが、専門クリニックではもう少し処方できる自由度が高まり、症状に合わせて有効薬の組み合わせで処方してもらえます。

 

 

このように、専門クリニックでは、厚生労働省が認可していないお薬(新薬)も使える、という大きな利点があります。

 

 

逆の見方をすると、認可されていない治療やお薬を使うので保険が使えない、ということです。

 

 

このような診療を「自由診療」と言います。

 

 

専門クリニックの料金が高いのは、健康保険などの公的医療保険が適用されず、全額自己負担(自由診療)となるからなのです。

 

 

薄毛治療するならどこ?「自由な料金設定」クリニック間の料金差!

 

 

サチコ

ここからは、自由診療の世界です。

 

 

自由診療というのは、健康保険が適用されない診療のことでしたね。

 

 

3割負担ではなく、10割・・・つまり、全額自己負担となります。

 

 

そうすると気になるのは、「治療費がいくらかかるのか」ですよね。

 

 

実は、クリニック間でそれほど大きな差があるわけでもないのです。

 

 

自由に価格設定をしてもいいとは言っても、高額すぎては患者が集まりませんし、安価すぎては経営を圧迫してしまいます。

 

 

医療機器は、見た目しょぼくても何千万~何億円します。

 

 

人件費や設備費そういったもろもろの経費を踏まえて、料金設定をします。

 

 

他の業界と同様、そこはやはり適正価格というものがあります。

 

 

利益を上乗せしすぎると、閑古鳥が鳴いて赤字ですし、安値競争に巻き込まれると、治療すればするほどに赤字を膨らませるという蟻地獄。

 

 

なので、患者もクリニック側も「このぐらいが妥当な線」という落としどころが適正価格でしょう。

 

 

その中において、

患者の経済的負担を軽減する配慮や工夫をしているクリニックを探す

というのが、良いクリニック選びのポイントです。

 

 

ただ、その配慮や工夫には、さまざまな方法があり、必ずしも適正価格からさらに割り引く、ということではありません。

 

 

自由診療を始めて受ける方へ

 



初めて自由診療を受ける場合、健康保険が使えないので、怖気づくほど、とても高額に感じると思います。

 

 

カウンセリングで治療法を決める際には、前もって「予算」を伝えておくといいですよ。

 

 

恥ずかしがることはありません。

 

 

カメラや宝石、家具や車など、やや大物の購入時には、お店の人に大体の予算を伝えませんか?

 

 

それと同じです。

 

 

治療に使える総額を伝えることによって、クリニック側もそれに沿った提案をしてくれますよ。

 

 

薄毛治療するならどこ?「最適クリニック」を見極めるためのコツとは?








自分にとってぴったりのクリニックを見極めるには、どうすればいいのでしょう。

 

 

そのために用意されているのが、カウンセリングです。

 

 

以前は医師による有料カウンセリング(一般病院の初診扱い)でしたが、今では、ほとんどのクリニックで医師、看護師もしくはカウンセラーによる無料カウンセリングを準備しています。

 

 

【カウンセラー制度のメリットって?】

 

「カウンセリングも医師がするべきだ」という方もいらっしゃいますが、実は、専門知識を備えたカウンセラーのほうが、かえって専門的な内容を理解しやすい、ということがあります。

 

たいていは医師よりもはるかにコミュニケーション能力に長けていて、緊張している患者から、うまく希望や疑問を聞き出し、それに答えてくれます。

 

診断を下すのは医師にしかできませんが、それ以外は看護師もしくは専門知識を身につけた者が対応することで、質疑応答(カウンセリング)の時間をたっぷり取ることができます。

 

これは医院と患者双方にとって大きなメリットでもあります。

 

一般病院でも注射をしたり、検査をしたりというのは看護師や専門技師が行いますよね。

 

要するに、分業によって一つひとつの質を高める工夫でもあるのです。

 

 

カウンセリングの目的とは?

 

 

これは、治療を検討している側(患者)に、しっかりと治療の種類や内容を把握してもらい、掛かる金額についても誤りのないように「こういった治療には、これだけのお金が掛かります」と明朗にしておく必要があるからです。

 

 

そうすることで、互いに後々のトラブルを回避することができます。

 

 

優良なクリニックであればあるほど、カウンセリングに時間を割き、意思疎通をしっかり図ろうとします。

 

 

クリニック側にとって、このカウンセリングの時間というのは、

訪れた患者の希望を正確にくみ取り、それに対して最良の方法を提案し、話し合い、理解を得たところで、認識のズレや誤解がないかを、もう一度確認し、

最終的に「契約にこぎつける」ためにあります。

 

 

初対面の人と話すのが得意じゃない場合は?

 

 

カウンセリングを受ける際は、大なり小なり、誰もが緊張を強いられるシーンです。

 

 

初めての場所、しかも慣れない病院で、白衣を来た人物を前にすると、大概の人の血圧は上がります。

 

 

口の中がカラカラになるかもしれませんから、水分は持参しときましょうね。

 

 

もじもじして、要領を得ず、どうにか質問らしき言葉を口にするあなたが「非常に面倒くさい」状態なのは、クリニック側も織り込み済みです。

 

 

大丈夫です。

 

 

安心して、普段しないような「素人まるだし」の質問をし、疑問に感じたことは、たどたどしくていいので、その場で尋ねるようにしてください。

 

 

優しく対応してくれることでしょう。

 

 

そういう部分も含めて、そのクリニック(院長)の器量です。

 

 

あらかじめ、質問したい項目をメモにして持っていくのも、よい方法かもしれませんね。

 

 

一番いけないのは、

 

 

「こんなこと聞いたらバカだと思われる」とか、

 

 

「さっき聞いたことだけど、もっかい聞いたらイヤな顔されるかな、カッコ悪いかな」などと、

 

 

聞きたいことを勝手な思い込みで取り下げてしまうことです。

 

 

バカっぽくてもいいじゃないですか。カッコ悪くてもいいじゃないですか。

 

 

すべて納得できて、脳内クリアーな状態にできることが、何よりも重要ですし、カッコいいと思います。

 

 

サチコ

さて、ここからが大事です。

 

 

そういう話し合いの中で、あなたがクリニックを見極めるのです。






カウンセリングでクリニックとの相性を見抜く究極のスキルとは!?

 

 

選ぶのは相手側ではなく、あなたがクリニックを選ぶのだ、ということを、どうぞお忘れなく。

 

 

難しいことはありません。

 

 

必要なスキルは自分の心の声に従うこと、です。

 

 

サチコ

これはスピリチュアルな話ではないですよ。

 

要するに、カウンセラーと話していて、

イヤな感じを受けたり、だんだんと緊張してきたり、なんとなく質問したくても言い出せない雰囲気だったりした場合、

そのクリニックとあなたの相性はよくない、ということです。

 

 

——え? がっかり?

そんな魔法的な何かを期待されても困ります。

 

 

けれど、人間の感覚というものは、研ぎ澄まされると、相手からあらゆる情報を引き出してしまうことも可能です。

 

 

ビジネスで成功する方というのは、こういう感覚がものすごく発達した方ばかりですよね。

 

 

せっかくですので、眠った感覚をゆすぶり起こして、自分のためのクリニック選びに、ぜひとも活用してみてくださいね。

 

 

また、カウンセラーであれ、医師であれ、あなたの薄毛の状態をことさら非常事態のように、焦燥感をあおるような言動をしたり、あなたの自尊心を傷つけるような言葉を投げかけるのは論外です。

 

 

そのような場合は、

 

 

「一度、家に帰って、よく考えてから来ます。そのときはどうぞ、よろしくお願いします」

 

 

と言って、そのクリニックから立ち去りましょう。

 

 

その日、その場での契約を迫るような「今なら~」「今だけ~」という『お得なハナシ』もナシです。

 

 

どれだけオイシそうな条件であったとしても、あなたの心を傷つけるようなクリニックは蹴ってください。

 

 

人生の命運をかける一大プロジェクトに取り掛かろうとするあなたに、とってつけたようなエサなど不要です。

 

 

あなたが求めるのは、1年後の確実な髪ふさライフ、それだけです。

 

 

それとは逆に、とても雰囲気が良く、聞きたいことが聞けて、不明瞭な点ももはやなく、

「もう、ここのクリニックでいいや。うん、ここにしよう!」

と思ったなら、即決もよろしいですね。

 

 

とっても相性がいいクリニックで、そういうカウンセラー(人材)を備えたクリニックというのは、すべてに行き届いているかと思います。

 

 

ちょうど、その時期にキャンペーンがあれば、なおのことよろしいですね。

 

 

いただける特典は、すべていただいてください。

 

 

薄毛治療するならどこ?「短期決戦カウンセリング・サーフィン」の手順








カウンセリングの時間を使って、クリニックとの相性をしっかりと見極めることが、あなたの髪ふさプロジェクトの最初の一歩となります。

 

 

相手を信頼できるかが、とても重要なポイントです。

 

 

(髪ふさプロジェクト第一歩の作業)

 

 

1、まず、自分にとって「いいな」と思うクリニックをピックアップします。

 

 

2、その中から二つ、ないしは三つ、自分にとって最も魅力的なクリニックを選びます。

 

 

3、まず、第一候補のクリニックへ、カウンセリングの予約を入れます。

 

 

4、カウンセリングの結果、納得し、「よし」と思えたなら、そこで決定――治療開始です。

 

 

(決まらなかった場合)

 

 

1、へこたれずに、第二候補のクリニックへ、カウンセリング予約を入れます。

 

(予約が取れない場合は、自分が行ける、一番早い日付で予約を入れる)

 

 

2、そこで決まればOK。だめなら、第三候補へカウンセリング予約です。

 

 

第一候補がダメだった場合のポイントは、次のカウンセリングまで決して間を置かないことですね。

 

 

サチコ

せっかく盛り上がった気分が萎え、決意が揺らぎますから

 

内科医 福崎先生

遠方のクリニックを候補に挙げた場合、そこに第2候補のクリニックがあれば、同日の午前と午後に分けてカウンセリング予約を入れてしまうといいね。

一日で済ませてしまおう

 

第一候補がダメで、出だしでつまずいたとしても、それは何も悪いことばかりではありません。

 

 

貴重な経験値が手に入ります。

 

 

1つめで把握したことを、2つめのカウンセリングに反映させます。

 

 

3つめにチャレンジする場合は、同様に。

 

 

また、そうやってクリニックを見比べたところ、意外に第一候補が「やっぱり、いいかも」と思うこともあるかもしれません。

 

 

そんな場合も、どんな場合も、臆することはありません。

 

 

一番好感度の高かったクリニックを選びましょう。

 

 

もし、別のクリニックをめぐることで、新たに疑問や質問が生じた際には、その点を電話かメールなどで再確認して、問題なければ、クリニックへ出向き、契約を結ぶといいでしょう。

 

 

——―最後に、

 

 

内科医 福崎先生

もし、カウンセリング時に渡された書類に、解約に関する記載があれば、特に解約条件にはしっかりと目を通して、理解しておくことだよ

 

はい、そうですね。

 

 

一定期間を有するコース契約を結ぶ際には、

解約の条件をしっかりと確認してください。

 

 

  • 中途解約は可能か。
  • 可能な場合、どういった条件で何割が返金されるのか。
  • 全額返金制度を設けている場合、その条件とは何か。

 

 

契約時に、解約について尋ねるのは当然の行為です。

 

 

仮に、細かく記された内容文を「こちらに書いてあります」と渡された場合、要点を口頭で伝えてもらい、文中のどこにそれが記されているのか、教えてもらうとよいでしょう。

 

 

たった一つでも条件を満たしていなければ、保障制度は適用されません。

 

 

内科医 福崎先生

20歳未満の場合、クリニックでの治療には保護者の同意が必要になるよ

 

フィナステリド(プロペシア)もデュタステリド(ザガーロ)も、国内では20歳未満(0~19歳)に対する安全性が確立していない、ということで処方されません。

 

 

(副作用の影響が怖いので)飲んではいけません。

 

 

関連記事⇒「プロペシアの消えない副作用」

 

 

薬局で購入できるミノキシジル(『リアップ』などの育毛剤)も20歳未満では売ってもらえませんし、誰かに購入してもらったものを使うと、この副作用は外見的にかなりキツイものがありますから、やめとこうね。

 

 

サチコ

ってことで、20歳になるまで待ってね。

 

 

では、あなたにとって最良のクリニックに出会えますように。

 

 

パートナー(クリニック)を見極めるのは、あなた自身ですよ。

 

 

応援してます(^_-)-☆

 

 





男性のおすすめクリニック

女性のおすすめクリニック

植毛おすすめクリニック