植毛の定着率UPは

術後の過ごし方しだい!?

植毛後の過ごし方


きちみや

こんにちは、髪ふさアドバイザーの吉宮です。

 

今回は、植毛手術した後の過ごし方のポイントを見ていきます。

 

 

自毛植毛は、植毛手術を終えたから「もう、安心」というわけではなく、その後の過ごし方しだいで、植毛の定着率も変わってきます。

 

 

特に、手術後の1週間は、移植した髪の細胞が根付くかどうかの重要な期間です。

 

 

つまり、その間どう過ごすかによって、植毛の定着率が上昇したり、下がったりもします。

 

 

日頃の習慣で、ついうっかりダメなことを繰り返してしまい、せっかく植毛した髪が抜け落ちてしまわないよう、気をつけたい部分です。

 

 

では、植毛後の過ごし方で、

やって良い事、悪い事のポイントを見てまいりたいと思います。

 

 

 

 

植毛手術後の入浴はやめたほうがいい?

 

入浴



手術当日の入浴は、やめておきましょう。

 

 

入浴による体温の変化で、傷口から出血することもあります。

 

 

【夏場でどうしても気持ち悪いとき】

 

 

じめじめと湿度が高く、汗をかきやすい季節には、寝る前にさっぱりしたいですよね。

 

 

そんな時は、お風呂の湯船につかるのではなく、シャワーを使ってください。

 

 

ぬるま湯設定のシャワーで汗を流すくらいなら問題ありません。

 

 

もしくは、しぼったタオルで体をふくと、意外と気持ちいいですよ。

 

 

サチコ

病院で看護師さんがしてくださる、清拭(せいしき)ですね。

 

お風呂は翌日の午後からは入ることができますが、1週間ぐらいは長湯やサウナに入ることはやめておきましょう。

 

 

翌日のお風呂も、念のため、湯船につかるのではなく、シャワーですませるほうがいいと思います。

 

Tips

  • お湯で湿らせ、かたくしぼったタオルで体を拭く
  • 首から下を、ぬるま湯のシャワーで簡単に洗う
  • ぬるめの湯船に入るのは翌日の午後からならOK

 

 

植毛後のシャンプーはいつからOK?

 

髪をシャンプーする人



洗髪は、傷口を清潔に保つためにも、大切なことです。

 

 

髪は、術後翌日から洗うことができます。

 

 

シャンプーを使っても構わないのですが、できれば3日間は、傷口をこすらないように、ぬるま湯ですすぐ程度にしておきましょう。

 

 

それ以降は、シャンプーを使って頭皮を清潔に保つことが、感染予防となります。

 

 

1週間後には、通常の洗髪方法に戻してかまいませんが、ゴシゴシこするのは、避けましょう。

 

 

サチコ

ゴシゴシしなくても、傷口には触らないほうがいいですよ。

 

Tips

  • 術後、3日間はぬるま湯ですすぐだけでOK
  • 術後、4日目以降は少量のシャンプーで洗う
  • 術後、1週間目以降は通常のケアでOK

 

 

【手術の翌日からシャンプーを使う場合】

 

 

植毛手術の翌日からシャンプーを使う場合には、注意点があります。

 

 

お湯で薄めたシャンプー液を流しかけるだけにするか、もしくは泡立てたシャンプーを手のひらにのせ、泡をクッションにそっとプッシュする程度で十分です。

 

泡


サチコ

シャンプー液を泡立てネットでクシュクシュすると、こうなります。

 

洗った後は、シャンプー液が残らないように、しっかりと洗い流してください。

 

 

洗い流す時に、うっかり指でこすらないように気をつけてくださいね。

 

Tips

【洗髪時の注意点】

  • シャワーの水圧を調整できる場合は、「弱」にします。
  • シャワーが直接、傷口を叩かないようにする。
  • 植毛部分(傷口)をこすらない
  • トニック系の洗浄力の強いシャンプーは避ける。
  • 防腐剤無添加のシャンプーは避けてください。(新品ならOK)

 

 

防腐剤無添加のシャンプー・リンスについて

 

 

オーガニック系に多い、防腐剤無添加のシャンプーやリンスですが、開封したてでなければ、衛生面で不安が残ります。

 

感染症予防のためにも、防腐剤無添加のものは使わないでください。

 

 

浴室のような湿度の高い場所に置いている場合、液剤が変質している可能性もあります。

 

 

手術後は特にそういった物は使わないようにしてください。

 

 

未開封の物や、使いきりの小包装であれば問題ありません。

 

 

防腐剤を加えていない入浴製品は、衛生面の管理が難しいので、今後も置き場所や使用期限には注意してくださいね。

 

 

植毛手術後のシャンプーには、しばらくの間、スカルプケア系の地肌にやさしいシャンプーを使うのが良いかと思います。

 

 

クリニックには、適切なシャンプーを用意していることがあるので、術後はそちらを使用するのもいいでしょう。

 

 

植毛後にドライヤーは使わないほうがいい?

 

ドライヤー



タオルドライと自然乾燥が理想です。

 

 

タオルドライもごしごしこするのではなく、吸水性の高いタオルをかぶって、手のひらでそっと押さえるようにしてください。

後は自然乾燥です。

 

 

ドライヤーを使いたい場合には、「中温」で「弱」設定にし、やや遠くから乾かします。

 

 

傷口に温風が直接当たらないように、気をつけましょう。

 

 

傷口というのは、グラフト(移植毛)を採取した後頭部や、植毛した部分のことです。

 

 

女性の場合は、髪の長い部分を先に乾かした後、サイドの下方からドライヤーの風を当てて、吹き上げるように乾かすと、傷口にダメージを与えません。

 

ドライヤーを使う女性



いずれも、ドライヤー使用時は、完全に乾かすのではなく、半乾きにしておいてください。

 

 

植毛手術の1週間後からは、通常通りのケア(正しいケア)に戻ってかまいません。

 

 

【育毛剤・スタイリング剤】

 

 

育毛剤などは頭皮に塗るものですので、しばらくは使わない方がいいでしょう。

 

 

使う場合は、術後2週間~1か月目以降です。

 

 

植毛後、かさぶたが取れて、傷口がきれいになった頃からは、問題なく使用できます。

 

 

その場合も、スカルプケア系の頭皮に栄養を与える、刺激の少ないものを選んで使うと、育毛をサポートしてくれます。

育毛剤を使う男性



整髪料(スタイリング剤・ムース)などは、植毛直後には必要ないとは思いますが、術後3~4日目以降なら、使用可能です。

 

 

その場合も、刺激の少ないものを選び、液剤が頭皮に付かないように使ってください。

 

 

夜には必ず洗い流してください。

 

 

植毛後、何日目から飲酒できる?

 

お酒で乾杯



アルコールは血流に影響を与えますので、移植毛が定着して安定するまでの1週間は、念のため避けた方がよいでしょう。

 

 

また、おでこの植毛や広範囲の植毛をした場合、飲酒によって、まぶたがひどく腫れあがることがありますので、外出予定のある方は特にやめておいたほうが得策です。

 

 

毛髪に重要な時期は、安静に過ごしましょう。

 

 

植毛手術後、タバコは吸っても問題なし?

 

 

植毛クリニックのドクターによると、

「ヘビースモーカーでない限り、通常の喫煙は植毛にさほどの影響は与えない」

とのことです。

 

 

この言葉に、

「じゃあ、別に吸ってもいいんだ♥」

などとは思わないことです。

 

 

ドクターは「さほど影響を与えない」と言っているのであって、まったく影響しないとは言っていません。

 

 

「さほど」ということは、少しは影響がある、ということと捉えます。

 

 

【喫煙による植毛へのダメージ】

 

タバコと灰皿



ニコチンは血管を収縮させる作用があるので、脳や皮膚の血流を阻害します。

 

 

例えば、ウサギにタバコの煙を吸わせた「ニコチンが血管に及ぼす作用」を調べる実験があります。

 

 

その実験では、煙を吸ったウサギの血管は、約2秒で極限まで収縮し、血流が完全に停止していました。

 

 

(その後、ニコチンは体内で分解され排泄されますので、血中濃度は下がります)

 

 

タバコを吸うたびに、血管が収縮するようなことになれば、移植した毛根の生着に「少しは」影響するでしょう。

 

 

この、植毛が定着するかしないかの大事な期間に、リスクは回避すべきでしょう。

 

 

それでも、タバコが吸えないストレスも問題ですので、どうしても「しんぼうたまらんのじゃ」という方は、1日に3本程度で、やり過ごしてください。

 

 

それ以外の方は、1週間はタバコ、ダメ―――絶対。

 

 

植毛後の運動は手術翌日でもOK?

 

 

植毛後の運動は、術後3~4日間はやめておきましょう。

 

 

ストレッチやウォーキングもふくめて心拍数が上昇し、血のめぐりが良くなることで、傷口に負担がかかります。

 

 

術後は1週間程度は安静にしておくほうがいいでしょう。

 

 

それでも5日目以降なら、ストレッチやヨガ、短時間のジョギングぐらいなら、問題ありません。

 

 

サチコ

炎天下に顔をしかめながら汗だくで走るのは、やめてくださいね。

 

術後2週間もすれば、格闘技系のエクササイズなどもふくめて、激しいスポーツも可能です。

 

 

ただし、頭を打ち付けたり、ぶつかり合うようなスポーツは、植毛にとってはダメージ大です。

 

 

数か月間は、頭部にダメージのないスポーツを楽しんでください。

 

 

植毛の手術後、帽子やヘルメットをかぶるのは問題あり?

 

 

クリニックによって違いますが、手術の後は包帯もしくは黒い伸縮性のターバンをして帰宅します。

 

 

その際、しめつけない柔らか素材であれば、帽子をかぶって帰ることもできます。

 

 

脱ぐときに、包帯にこすれて、ずれたりしないものを選んでください。

 

 

手術の翌日からは、しめ付けない形のものであれば、帽子をかぶってもかまいません。

 

Tips

【帽子のかぶる上での注意点】

  • ハット系はクラウン(中央部)が植毛した頭頂部に刺激を与えることがありますので、注意が必要です。
  • パナマ・ハットやカンカン帽、マリン・キャップなどは、しばらく避けましょう。

 

サチコ

傷口に布がこすれたり、しめつけたりしないなら、かぶっても大丈夫です。

 

【ヘルメットはかぶってOK?】

 

ヘルメット



ヘルメットなどは、移植した部分に強く刺激を与える可能性が高いので、1週間は直接かぶるのを避けた方がよいでしょう。

 

 

植毛した部分に直接当たったり、こすれたりしなければ、ヘルメットも手術翌日からかぶっても問題ありません。

 

Tips

【植毛後の帽子着用の注意点】

  • 傷口や植毛した部分を押さえたり、こすらなければOK
  • ニット帽など強いしめつけがあるものでなければOK
  • 硬質素材が植毛部分に直接当たらなければOK

 

 

植毛後、すぐに仕事に行くのはアリ?

 

 

植毛手術は日帰りでできるので、

デスクワークであれば、翌日から出勤しても特に問題はありません。

 

 

とは言え、植毛は頭皮の外科手術なので、心身共にストレスはかかっています。

 

 

できれば術後2、3日はゆったりと過ごすのが、ベストです。

 

 

特に額の生え際へ植毛された方は、まぶたが腫れぼったくなることもあります。

 

 

接客のあるサービス業の方などは、その可能性を見込んだ出勤スケジュールを立てておいたほうが無難ですね。

 

 

まぶたが腫れてきたなと思ったら、額を冷やすことによって軽減されます。

 

 

重労働(力仕事、長時間の立ち仕事、スポーツ等)は、せめて2~3日、可能であれば1週間はさけてください

 

 

サチコ

お酒をがぶ飲みする接客業の方も、お休みしてくださいね。

 

植毛手術後にできた「かさぶた」のケア

 

 

植毛手術をした4日目ぐらいから「かさぶた」ができ始めます。

 

 

かさぶたができるのは、グラフト(移植毛)を採取した部分と、植毛した部分です。

 

 

かさぶたの大きさは、傷口の大きさによります。

 

 

植毛方法でも多少違いますが、細いパンチでグラフト採取した場合、かさぶたは小さなホクロよりも小さく、ほとんど目立ちません。

 

 

かゆみもあって気になるとは思いますが、決して、ボリボリと引っかいてはぎ取るようなことはしないでください。

 

 

かさぶたができるのは、傷がうまく治っている証拠ですので、そっとしておきましょう。

 

 

サチコ

その間、カサブタが肩や背中に落ちても、目立たない色合いのものを着ておきましょうね。

 

植毛手術の後、1週間経てば、通常のケアに戻れるので、髪を洗っているうちに自然に落ちます。

 

 

育毛剤など、頭皮に直接塗るものは、もう1週間待ってから、使用してください。

 

 

サチコ

できれば、1か月ほど待った方が安心ですけどね。

 

 

植毛後に特に食べない方がいい食事とは?

 

鍋料理



植毛手術後は、血行を促進させる内容の食事は、少なくとも3日間、できれば1週間は避けたほうがいいでしょう。

 

 

特に冬場、鍋や香辛料たっぷりの、体がポカポカ温まるようなメニューは、血のめぐりを良くし過ぎるので、植毛後の数日間は避けましょう。

 

 

マキ

チゲ鍋とか、なべ焼きうどんとか?

 

サチコ

食べた後、身体が熱くなって鼻をすすりたくなるメニューはやめたほうがいいですね。

 

術後に血のめぐりが良くなりすぎると、傷の治りが遅れます。

 

 

自毛植毛は、たとえメスを使わない植毛方法であっても、植毛のためのグラフト(毛包組織)を頭皮からくり抜き、それを薄毛の頭皮へと植え込む外科手術です。

 

 

傷口は細い針を刺したほどの小さなものですが、これから治ろうとする傷口へ急激な血流が押し寄せると、そこから再び出血したりもします。

 

 

夏場であっても、血行を良くする唐辛子などの薬味が好きな方は、術後、数日間は控えてください。

 

 

まとめ

 

皮膚科医 高宮先生



自毛植毛の成功は、どれだけ移植した髪がしっかりと根付き、定着するかにかかっています。

 

 

その定着率は、ドクターの技術だけではなく、手術後の過ごし方によっても多少変わってきます。

 

 

90%台の細胞の生着を目指したドクターの技術を、その後の過ごし方で限りなく100%に近づけるのも、逆に80%台に低下させるのも、自分しだいということなんですね。

 

 

植毛後、2週間も経てば、定着も安定しているので、通常の生活に戻れます。

 

 

一度定着してしまえば、その後は正常なヘアーサイクルを繰り返し、半永久的に髪は生え続けるのが、自毛植毛です。

 

 

そのためにも、術後1週間は、特に慎重に、ドクターからの言いつけを守って過ごしてくださいね。

 

 

サチコ

では、良いドクターにめぐり合ってください。

 

こちらは、私の知人たちが実際に植毛をしたクリニックです。

参考にしてください。

失敗したくない人のための「おすすめ」植毛クリニック in Japan