細い注射器

いろいろあって、迷うんだけど

違いが知りたいんだよね

 

 

きちみや

こんにちは、髪ふさアドバイザーの吉宮です。

 

薄毛治療には、AGA治療薬のほかに成長因子などを使ったメソセラピー療法(毛髪再生治療)があります。

 

ただ、このメソセラピー療法には種類がありすぎて、しかも、薄毛治療クリニックごとにネーミングも異なるため、何がどう違うのか、効果に差があるのかないのか、今ひとつよくわからなくて、迷っている方も多いようです。

 

できれば、いちばん発毛効果が高いメソセラピーを選びたいですよね。

 

そこで今回は各人気クリニックの毛髪再生メソセラピーをいくつか採り上げ、それぞれの特徴を調べてみました。

 

サチコ

クリニック選びの参考になれば、幸いです。

メソセラピー(毛髪再生治療)で、薄毛にどんな効果が期待できるの?

額がハゲた青年

 

病院での薄毛治療というと、一般的にはAGA治療薬の処方です。

 

AGA治療薬の働きは、「抜け毛を止める」と「発毛を促進する」の2本立てです。

 

多くの方はAGA治療薬で十分に効果があるのですが、そこへ成長因子を使ったメソセラピー治療をプラスすると、弱った状態の毛母細胞を活性化させ、発毛機能を目覚めさせます。

 

それによって、お薬効果がさらに補強され、より早く薄毛が改善していく、といわれています。

 

サチコ

ガーデニングで、草花に肥料を与える感じですね

 

さるんウフ

ぐーんって、育つんだって

 

薄毛治療クリニックでカウンセリングを受けると、メソセラピーの効果については、次のような説明があります。

 

毛髪用のメソセラピー療法を採り入れた場合の効果

 

毛髪再生メソセラピーを治療に加えると、AGA治療薬のみ(通常)で薄毛治療をした場合と比べて、以下のような効果が期待できます。

 

  • 半年~1年で薄毛が改善(通常は2~3年かかる)
  • 治療後(安定期)の毛量増加が見込める(通常と比較して)

 

クリニックでは、もう少し具体的な説明と、実際に治療した方の写真などで効果を確認することができます。

 

詳しい説明などはクリニックのカウンセリングでしてもらえますが、その前段階として、どのクリニックが、どのような毛髪再生メソセラピーを取り扱っているのかも、知っておきたいですよね。

 

では、薄毛治療で人気の高いクリニックのメソセラピー療法をチェックしていきます。

「ノーニードルメソセラピー」の特徴と効果

 

「ノーニードルメソセラピー」は、銀座総合美容クリニック(銀クリ)の施術で、希望する方が多いメソセラピー治療でもあります。

 

「ノーニードル」という名称どおりに、針を使わないエレクトロポレーション系の施術方法なので、痛みはありません。

 

注射針ではなく電気の力を利用して、頭皮の奥まで均等に有効成分を浸透させることができる治療法です。

 

サチコ

エレクトロポレーションの利点は、技術力に左右されることなく、だれが施術しても安定した効果が得られること、だそうですよ。

ノーニードルメソセラピーの特徴

 

育毛効果が認められた6種類の成長因子に、2種類の発毛促進成分を加えた薬剤を、頭皮深くへと浸透させていく治療法です。

 

浸透した成長因子や発毛促進成分が、乱れたヘアサイクルを整え、短くなっていた成長期を引き延ばします。

 

その結果、発毛・増毛効果が促される、という仕組みです。

薬剤の主な成分と働き

 

ノーニードルメソセラピーに使用される薬剤について、どのような働きを持つのか、ざっくりとですが、チェックしてみました。

 

成長因子 はたらき

FGF-2

(線維芽細胞再生因子-2)

毛乳頭細胞の増殖を促進。

FGF-7/KGF-1

(線維芽細胞再生因子-7)

毛周期を休止期から成長期へと移行。

FGF-10/KGF-2

(線維芽細胞再生因子-10)

毛周期を休止期から成長期へと移行。

IGF-1

(インスリン様再生因子)

角化細胞の増殖を刺激し、ヘアサイクルの成長期を延長させる。

PDGFbb

(血小板由来再生因子)

毛乳頭細胞の増殖を促す。

ヘアサイクルの成長期への移行と延長促進。

VEGF

(血管内皮細胞再生因子)

毛包周囲の毛細血管網の発達を促進させ、毛母細胞へ栄養が届きやすくする。

※成分内容は変更されている可能性もあります

 

これらをベースに、それぞれに必要な有効成分を加えて、治療していくようです。

治療回数と効果実感の目安

 

治療回数と効果の現れ方は、人によって違いますが、早い方なら3回程度で、ほとんどの方が6回目の施術辺りには効果を実感できるようです。

 

  • 1か月に1回の施術
  • 施術回数は症状に合わせて3~12回程度
  • 効果実感の目安は3回目以降

 

この「ノーニードルメソセラピー」は、銀座総合美容クリニック(通称「銀クリ」)で受けることができます。

 

治療について詳しくは、こちらで確認できます。

>>銀クリAGA.com

 

「ヘアフィラー」の特徴と効果とは?

 

ヘアフィラーは、「毛包の成長」「脱毛因子の阻害」という2つのAGAの原因に、ピンポイントで働きかける治療法です。

 

施術方法は「注射」と「エレクトロポレーション」のどちらかを選べるようになっているところが多いです。

 

  • オートインジェクション(注射針)
  • エレクトロポレーション(電気穿孔法)

 

さるんウフ

でんきせんこうほう、だって

 

痛みに弱い方には、エレクトロポレーションがおすすめです。

ヘアフィラーの特徴とは?

 

ヘアフィラーは、毛髪再生を促す「ペプチド化合物」を頭皮に直接注入する治療法です。

 

脱毛ホルモンとも呼ばれているDHT受容体の感受性を阻止する作用を持つことから、フィナステリドのような抜け毛予防効果があります。

 

このため、ヘアフィラーには「抜け毛予防」や「血流改善」など、AGA治療薬の代替作用があるとされています。

 

  • フィナステリドのような「脱毛抑制作用」
  • ミノキシジルのような「毛母細胞の活性化、血流改善」
  • 白髪の抑制効果が期待できる

薬剤の主な成分と効果

 

ヘアフィラーの薬剤のメインは「ペプチド」です。

 

ペプチドとは、アミノ酸が複数つながったもののことで、人体の生命維持にも大きくかかわっています。

 

ヘアフィラーに含まれる7種の機能性ペプチド
オリゴペプチド54/デカペプチド10/オクタペプチド11/オクタペプチド2/デカペプチド28/オクタペプチド71/デカペプチド18

 

このペプチドは発毛増殖因子と同じような働きを持つため、発毛促進はもちろん、脱毛因子の阻害もしてくれるそうです。

 

ヘアフィラーの仕組みとしては、頭皮からペプチドを注入することで細胞に直接作用し、頭皮環境が改善されます。

 

頭皮環境を整えることで、(AGAで)縮んだ毛包のサイズアップを促す、ということです。

 

機能性ペプチドの主な効果

 

  • 薄毛の原因となる脱毛因子を阻害
  • 毛包形成・毛乳頭の再生と新生
  • 抜け毛の予防
  • 毛包・毛乳頭の死滅を抑制
  • 頭皮の血流改善・血管新生
  • 髪の主成分ケラチンの増殖
  • 白髪になるのを抑制

施術回数と効果実感までの目安

 

ヘアフィラーも薄毛の状態によって、施術回数は異なります。

 

  • 1クール4回が基本(4回が1セット)
  • 施術間隔は、2週間に1回
  • 効果実感の目安は、治療開始から2か月目以降

 

ヘアフィラーを受けられるクリニックは多くはありませんが、「スキンクリニック」や、その他の美容皮膚科などで扱っていることがあります。

 

サチコ

気になる方は、探してみてください

「スマートメソプレミアム」の特徴と効果とは?

 

こちらは、湘南AGAクリニック(薄毛治療院)のメソセラピー療法です。

 

「スマートメソプレミアム」は、レーザーとエレクトロポレーションを使っての施術なので、痛みがなく、広範囲でも均等にしっかりと有効成分を浸透させることが可能です。

 

痛みが苦手な方に向いたメソセラピー療法です。

スマートメソプレミアムの特徴とは?

 

初めにフラクショナルCO2レーザーで頭皮環境を改善し、薬効成分の浸透を良くした上で、メソセラピー治療を行います。

 

エレクトロポレーションで行うので痛みはありませんが、フラクショナルCO2レーザーを使ったときに、多少ピリッと感じるかもしれません。

 

スマートメソプレミアムで使用される薬剤には、5つの成長因子と、血行を促す5つの成分が配合されています。

 

AGAによって弱毛化した髪を、このW効果で太く強い髪に育てていきます。

 

【スマートメソプレミアムの成分とはたらき】

成長因子 はたらき

KGF

(ケラチン細胞増殖因子)

髪の毛を作る成分のおおもとを作りだします。

毛根の根っこ部分の発毛環境を改善していきます。

※ 従来の70倍の含有量となっています。

HGF-1

(肝細胞増殖因子)

発毛効果因子を再び機能させる作用があります。

休止期の毛包を成長期へと誘導します。

IGF

(インスリン様成長因子)

細胞の成長を促進する作用があります。

毛母細胞の細胞分裂を促します。

bFGF

(線維芽細胞増殖因子)

血液の循環を促進する作用があります。

栄養分が血流にのって頭皮へと運ばれ、行き渡ります。

VEGF

(血管内皮細胞増殖因子)

血液の循環を促進する作用があります。

血流にのって栄養分が頭皮へ運ばれ、行き渡ります。

 

この成長因子に加えて、スーパーオキシド、複合アミノ酸、ホスファチジンなどの血行促進作用のある成分が配合されています。

施術回数と効果実感までの目安

 

治療回数は、薄毛の状態によって異なるため、人それぞれです。

 

  • 月に1回の施術
  • 施術回数は6回~12回
  • 効果実感の目安は、3回目ぐらい

 

「スマートメソプレミアム」が受けられるのは、薄毛専門の湘南AGAクリニックの中でも、次の2院です。

 

  • 湘南AGAクリニック 大阪院
  • 湘南AGAクリニック 福岡院

 

湘南AGAクリニック(薄毛治療院)では、これ以外のメソセラピー療法も用意されています。

 

  • クイックメソ(微細な針を使っての治療で痛みが少ない)
    【多数の院で施術可能】
  • ジェットメソ(針を使わないので痛くない)
    【福岡院・大阪院・名古屋院・新宿本院・仙台院・札幌院】

 

公式サイトからメールで質問・相談ができます

>>湘南AGAクリニック

「HARG療法」の特徴と効果とは?

 

HARG(ハーグ)療法は、成長因子を利用した毛髪再生メソセラピー療法の先駆け、という存在です。

 

現在は認可制により、限られた病院でのみHARG施術を受けることができます。

HARG療法の特徴とは?

 

HARG療法は、幹細胞から抽出された成長因子を薄毛部位に注入し、発毛機能を活性化する治療です。

 

細胞をふくまない脂肪幹細胞培養上清液を濃縮し、発毛・育毛に関係するターゲット細胞に、より反応するよう成分調整された薬剤を使用します。

 

これを薄毛部位に注入することで、弱っていた毛母細胞のはたらきをよみがえらせ、太く健康な髪を生み出せるように導きます。

 

さらに、薬剤を注入した周辺にも治療効果の影響が及ぶことで、もともと存在している幹細胞が活性化し、頭皮環境の改善が期待できます。

 

それによって、太く健康な髪に生まれ変わることが可能となります。

薬剤の主な成分とはたらき

 

HARG療法の薬剤(HARGカクテル)には、150種類以上の成長因子が配合されています。

 

中でもVEGF、KGF、PDGFなどの発毛に深くかかわる成長因子の相互作用で、細胞が活性化し、健全な毛髪が再生される、という治療法です。

 

成長因子 はたらき
KGF
(ケラチノサイトグロースファクター)
ケラチン(毛髪を構成するタ ンパク質)を作り出す毛母細胞(ケラチノサイト)の増加をうながし、発毛に導く成長因子。
PDGF
(プレートレットデライブドグロースファクター)
毛の成長期を保 持するために必要不可欠な成長因子。
VEGF
(バスキュラーエンドセリアルグロースファクター)
頭皮の血管新生に必要不可欠な成長因子。

 

【施術方法】(施術クリニックによって方法は異なります)

  • 注射方式
  • メソガン(微細針)
  • ノンニードル方式

 

メソガンも痛みは軽減されていますが、痛みが苦手な方は、無理をせずノンニードルを選びましょう。

治療回数と効果実感までの目安

 

治療回数については、男女の違い、薄毛症状の違いによって異なります。

 

  • 1か月に1回の施術
  • 1クール=6回が基本
  • 最初の施術から3回目ぐらいが発毛実感の目安
  • 効果の持続期間 1~2年(個人差があります)
  • 1年に1~2回の追加メンテナンスが望ましい

 

男性の場合

フィナステリドの服用が必要

男性の場合は、DHT(脱毛ホルモン)の攻撃があるので、発毛効果を維持するためには、抜け毛を止めるフィナステリド、もしくはデュタステリドを服用する必要があります。

 

女性の場合

薬の服用は不要

特にお薬の服用などは必要ありませんが、HARGの治療効果を長く維持するためにも、髪用に特化したサプリメント(ビビスカル・ルグゼバイブ・パントガールなど)を摂るようにするといいですね。

 

どちらかというとHARG療法は、髪の若返りやボリュームアップを目指したい女性と相性が良さそうに思えます。

 

HARG療法は薄毛治療クリニックというよりも、美容系クリニックでの取り扱いが多いようです。

 

大手であれば、中央クリニック系列が認可院となっています。

 

興味のある方は、検索してみてください。

「歯髄幹細胞由来培養上清液治療」の特徴と効果とは?

 

増殖能力が非常に高いことで注目されている、歯髄幹細胞(の成長因子)を使ったメソセラピー療法です。

 

サチコ

成長因子の由来(ルーツ)が異なります

 

歯髄幹細胞培養上清とは、子どもの抜けた乳歯の細胞を採取し、培養したときに、成長因子をたっぷりとふくんだ上澄み液のことです。

歯髄幹細胞の成長因子を使ったメソセラピー治療の特徴とは?

 

歯隋幹細胞というのは、歯の神経である歯髄(しずい)にある幹細胞です。

 

歯髄には、たいへん良質な幹細胞が含まれており、病気や事故で失われた組織や臓器などの形や、機能を再生させる能力を持ちます。

 

そして、この歯髄幹細胞の分泌物には、「血管を誘導する働き」「炎症を抑える働き」「免疫機能を調節する働き」を持つタンパク質(成長因子)が含まれています。

歯髄幹細胞培養上清メソセラピーの効果とは?

 

従来の毛髪再生メソセラピーよりも、短期間での発毛効果が期待できます。

 

  • 育毛・発毛促進
  • シワ改善・防止
  • 皮膚の抗酸化作用
  • その他、アンチエイジング効果など

 

【施術回数の目安】

 

基本の薄毛治療にオプションとして追加していく形となるので、決まった回数はありません。

 

乳歯隋由来の成長因子を使うので、1回の施術でも、他のメソ治療と比較して効果が高い(とのことです)。

 

【施術可能なクリニック】

 

取り扱っている薄毛治療院はそう多くはありません。

 

当サイトでご紹介しているクリニックだと、「MSクリニック」の新宿院で施術可能です。

 

気になる方はMSクリニックに質問してみてください。

 

その他では、美容部門のある歯科医院などでも扱っています。

 

サチコ

子どもの抜けた乳歯を集めて役立てようという、乳歯バンクというものもありますよ。

「ダブルマトリックス」の特徴と効果とは?

 

「ダブルマトリックス」は、湘南AGAクリニックの植毛用オプションで、2種類の幹細胞を使ったメソセラピー治療です。

 

1回の施術で、効果が長く続くこともあり、女性の薄毛治療としても人気があるそうです。

ダブルマトリックスの特徴とは?

 

ダブルマトリックスは、自分の健康な髪の細胞を使用して行う治療です。

 

細いストロー状のメス(パンチ)を使って、少量の髪の組織(毛包組織)を採取します。

 

そこに含まれる2種類の幹細胞をペースト状(懸濁液)にしたものを、頭皮に注入することで、ヘアーサイクルを整え、太く健康な髪へと導きます。

 

火傷や傷あとの治療にも用いられている、再生医療です。

 

ダブルマトリックスの主な特徴

 

  • 自分の細胞なので拒絶反応の心配はありません
  • 毛乳頭由来とバルジ由来の2種類の幹細胞を使用します
  • 注入した薄毛部位の周辺にも、発毛状態の改善が期待できます
  • 毛包組織採取の痕は、施術直後でも目立たず、髪を下せば分かりません
  • 効果の持続期間はAGAの影響を受けにくくなる

施術回数と効果の目安

 

施術回数は特に決まっていませんが、基本的に1回きりの施術です。

※一度につくる懸濁液は十分な分量があるので、薄毛の範囲にかかわらず、一律の費用です。

 

  • 施術回数/1回
  • 1か月ほどで治療効果が実感可能
  • 効果の持続期間が長い(個人差がある)

 

  • 【男性の場合】
    基本のAGA治療薬との併用が望ましいですが、薬を服用できない方でも、効果が期待できる治療です。
  • 【女性の場合】
    薄毛治療以外にも、髪のボリュームを取り戻したい方(美容目的)に需要があるそうです。

 

この「ダブルマトリックス」は、湘南AGAクリニック(薄毛治療院)で受けることができます。

 

湘南AGAクリニック
【新宿本院・大阪院・仙台院・福岡院・名古屋院・札幌院】

 

>>公式HPはこちらから

まとめ

 

説明する女性スタッフ

 

いろんなクリニックで、いろんな治療名で毛髪再生メソセラピーが行われていますが、その内容を見てみると、共通点や違いが、な~んとなく見えてくると思います。

 

メソセラピー治療はずっと続けるわけではなく、一定期間のみです。

 

その施術を受ける最適なタイミングとしては、薄毛治療を開始したときからの半年間です。

 

この期間にメソセラピー治療をプラスすると、治療効果が安定期の毛髪量の増加がかなり期待できる、とのことです。

 

実際の効果には個人差があって、自分の体質や、薬剤に配合される有効成分の内容、治療スタート時の薄毛の状態などによっても変わります。

 

このあたりについては、先生から説明があるので、納得がいくまで質問するのもいいと思います。

 

私なりの結論としては、成長因子のみを使用したメソセラピーでは、自分の体質と薄毛症状の違いを省けば、どこのクリニックで施術しても、効果にさほど大きな差はない、と感じました。

 

それよりも、信頼できる先生を見つけて診てもらい、そのクリニックが用意している最適な方法で治療計画を立ててもらうことが、「脱・薄毛」への早道だと思います。

 

サチコ

ただ、自分の細胞を使った治療を希望する場合は、
それができるクリニックを選んでくださいね

若ハゲ改善に評判のいい病院ってどこ?おすすめ薄毛治療クリニック一覧