aga治療ってどこの病院に行くべき?

植毛するなら、どんな病院がおすすめ?



 

きちみや

こんにちは、髪ふさアドバイザーの吉宮です。

 

ここでは、薄毛治療に失敗しないためのクリニック選びのコツについて、確認していきたいと思います。

 

 

薄毛や抜け毛対策として、いろいろと試みてきた方々も、数年後には「やっぱ、行ってみるかな・・・クリニック」と、ネット検索を始める方が多いようです。

 

 

身近に、AGA治療のビフォー・アフター例がいれば、その人と同じクリニックへ行けばいいのですが、そうでない方は、自力で一からの情報集めをしなければなりません。

 

 

そこで、今回は、私の周辺で確実に薄毛治療を行ったであろう男性陣にインタビューをして、(無理やり)得た情報の中から、薄毛治療に失敗しない、後悔しないクリニックの選び方について、まとめてみました。

 

 

主な内容は

 

  • お薬メインの薄毛治療クリニック選び
  • 植毛クリニック選び

 

この二通りのクリニックの選び方のポイントを見ていきます。

 

 

育毛サロンや育毛剤による薄毛改善を否定するものではありませんが、時間がかかる上に、商品との相性などもあります。

選ぶ商品によって、効果が出る人もあれば、出ない人もあります。

そういう点において、育毛剤などは、合う商品を見つけるまで、いろいろと使ってみる必要があります。

このサイトの趣旨は薄毛の「早期解決」と「確実性」なので、

クリニックでの薄毛治療をイチオシとしています。

 

 

今、クリニックでの薄毛治療のことがチラチラ気になっている方は、今後のためにも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

本気で治すAGA(薄毛治療)クリニックの選び方解説

 

AGA治療について説明する正木医師



男性の薄毛治療というと、真っ先に思い浮かべるのはテレビCMでもしょっちゅう目にするAGA治療薬の存在です。

 

 

金額に差があるのは何となく理解できますが、では、選ぶクリニックによってAGA治療の効果に差はあるのでしょうか?

 

 

AGAクリニックによって効果に違いはある?

 

 

現在、クリニックでの男性の薄毛治療は、基本的には

 

  • フィナステリド(抜け毛防止)
  • ミノキシジル(発毛促進)

 

このように、薬理効果の違う2つの薬を使って行われます。

 

 

サチコ

ここに発毛メソセラピー治療を加えるかどうかは、それぞれです。

 

これらの医薬品の効果は、国内外で臨床試験が行われ、すでに客観的な評価がされています。

 

 

例えば、日本皮膚科学会と毛髪科学研究会との共同事業で作成された『男性型脱毛症(AGA)診療ガイドライン』の最新版でも、

「男性型脱毛症に対しては強くすすめる」と、高い評価を得ています。

 

 

サチコ

男性のAGAに対して両方ともA評価です。

 

つまり、このことからも

お薬でのAGA治療の場合、どこのクリニックで治療を受けても、一定の効果は見込めるでしょう。

 

 

効果に不安を感じる方は、今では効果がまったくなかった場合に備えて「治療費全額返金制度」を設けているクリニックを選ぶといいと思います。

 

 

ただ、AGA治療を開始したタイミングによって、効果の現れ方には差が出てしまいます。

 

 

やはり、薄毛治療は「抜け毛が妙に増えたな」と感じた段階でスタートするほうが、経済的にも効果の面でも、満足度が高いようです。

 

 

早い治療が効果的、ということについては、こちらの記事にまとめています。

すでに手遅れ!?薄毛治療で治らない人&早期治療をすすめる本当のワケ

 

薄毛治療薬のプロペシアとフィナステリドの違いとは?

 

薄毛治療薬の説明をする医師



薄毛治療薬として有名な飲み薬は『プロペシア』です。

 

 

ところが、AGAクリニックの薬品棚を見てみると、『プロペシア』だけでなく、『フィナステリド』というお薬も扱われています。

 

 

薄毛治療について調べ始めた当初、この二つの薬の違いがわからずイラっとされる方も多いようです。

 

 

この2つの医薬品は何がどう違って、どちらがよく効くのでしょうか?

 

 

マキ

高額なプロペシアの方がきく・・・?

 

まず、ツイッターなどでもよく話題にのぼる『プロペシア』ですが、こちらはMSD社(旧・万有製薬)が販売しているAGA治療薬の医薬品名です。

 

 

そして、『プロペシア』の有効成分がフィナステリドです。

 

 

その『プロペシア』のジェネリック(後発医薬品)が『フィナステリド』として表示されています。

 

「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」とは、『プロペシア(先発医薬品)』の特許が切れたあとに販売された、新薬と同じ有効成分・効き目・安全性が同等であると国から認められたお薬のことです。

 

 

サチコ

お薬の価格は、ジェネリックのほうが安価です。

 

つまり、『プロペシア』と『フィナステリド(ジェネリック)』は、

効果はどちらも同じということです。

 

 

この「同等に効果と安全性がある」ということについては、国内で、日本人(治験モニター)を対象にした臨床試験で確認されているので、安価なほうを選んでも、まったく問題ありません。

 

 

サチコ

こういうところにも治験モニターさんが活躍してるんですね。

 

マキ

薄毛治療の治験モニターというのも、やってみるといいかもね~。

 

 

多くのAGAクリニックでは、この有効成分のフィナステリドを調合したAGA治療薬を「オリジナル医薬品」として、低価格で提供しています。

 

 

ジェネリックだから、という正当な理由があっての低価格なら、安心して服用できますね。

 

 

薄毛治療の治験モニター(有償ボランティア)については、こちらの記事をご覧ください。

インクロム|AGA治療薬の治験モニター募集!参加できない人とは!?

 

一般皮膚科とAGAクリニック、どちらがより効果的?

 

疑問に答える正木医師



治療ということでは、どこの皮膚科であっても診てもらえますが、一般の皮膚科と、薄毛治療を専門に行うAGAクリニックでは、治療内容に違いが現れます。

 

 

どのような違いがあるのか、一般皮膚科とAGAクリニックをそれぞれチェックしていきます。

 

 

【一般皮膚科のケース】

 

近所の一般皮膚科で診てもらった場合、処方されるお薬は、薄毛治療薬として承認されている「プロペシア(フィナステリド)」だけ、ということが多々あります。

 

  • プロペシア
  • ケトコナゾールなど

 

ケトコナゾールは脂漏性皮膚炎などに処方されますが、育毛作用があるとされています。

 

 

フィナステリドは抜け毛を止めるお薬なので、「抜け毛が増えたかな?」という段階ならば、十分に薄毛を止めることができます。

 

 

ただ、様子見をしていて髪が細くなっている方などは、フィナステリド単剤では、回復はなかなか難しく、その場合、発毛を促進するミノキシジルとの併用が望ましいとされています。

 

 

ミノキシジルの外用薬は一般医薬品なので、育毛剤(ミノキシジル5%配合)として、普通にドラッグストアなどで購入できます。

 

 

ミノキシジルの内服薬(降圧薬)は、薄毛治療薬としては認可されていないので、一般皮膚科でも処方されません。

 

ミノキシジルは過去に、飲むAGA治療薬として研究開発されたこともありましたが、動物実験の段階で、実験に使った犬の心臓が破裂して死んだケースがあったため、開発を中止したという経緯があります。

 

 

マキ

こわ・・・っ

 

確かに、ミノキシジルの内服薬は、外用薬よりも高い効果が得られますが、未承認薬です。

 

 

副作用も強く現れるので、現在は専門医の観察下においてのみ、処方が可能なお薬です。

 

 

個人輸入した海外製のミノタブを、自分のさじ加減で安易に飲まないでね。

 

 

一般病院での薄毛治療について詳しくは、こちらの記事も参考にしてみてください。

一般病院で薄毛治療するなら何科を受診するべき?保険は適用?

 

【AGAクリニックのケース】

 

一方で、薄毛治療を専門に扱うAGAクリニックなどでは、治療のためのお薬はすべて処方されます。

 

  • フィナステリド
  • デュタステリド
  • ミノキシジル外用薬
  • ミノキシジル内服薬
  • 育毛サプリメント
  • その他の有効医薬品

 

「未承認薬を処方する」というと、悪いことのように感じますが、未承認の医薬品は医療現場には、数多くあります。

 

 

抜け毛関連だと、円形脱毛症で有効とされる治療法の多くは、保険適応外ですし、未承認薬も使用されます。

 

 

日本の法律では、海外で安全性と有効性が認められた医薬品であれば、未承認薬であっても、医師法のもとで患者に処方することができます。

 

 

ただ、どのお薬も健康保険が使えません。

 

 

保険が使えない反面、AGAクリニックの多くが、診察費や処方箋料などが無料で、実質、お薬代のみで治療が受けられるようになっています。

 

 

薄毛治療でクリニック行くなら、どっちがおすすめ?

 

髪の量を気にする男性



一般皮膚科とAGAクリニック、薄毛治療で行くとしたら、どちらがおすすめかというとーーー。

 

 

保険診療を行う一般の皮膚科であっても、薄毛治療に関しては、残念ながら保険外診療となります。

 

 

サチコ

つまり、健康保険は使えません。

 

そして、AGAクリニックも保険が使えない自由診療です。

 

 

このように、同じく健康保険が適用されないのであれば、AGAクリニックのほうをおすすめします。

 

 

本来、「病気ではない」薄毛(AGA)を、真正面から治療対象ととらえ、その薄毛患者を数多く診てきているドクターのほうが、診てもらう側としても、いろいろと納得できることも多いと思います。

 

 

先端技術を用いた治療法なども選択肢として用意されているので、自分に合った治療法を選べるのも、魅力の一つです。

 

 

また、お薬での薄毛治療の場合、スマホなどでのオンライン診療が導入されているので、わざわざ通院しなくても治療ができるのも、助かりますね。

 

 

抜け毛が気になりだしたら、すみやかに、より専門的なAGAクリニックで治療をしていくのが、ベストのように思います。

 

 

【一般の皮膚科とAGAクリニックの違い】

  • 薄毛(AGA)治療に専門性があるか否か
  • 症状に合った治療方法があるか否か
  • 診察料・処方箋料の有無

 

 

【AGAクリニックのメリット】

  • 薄毛(AGA)を病気として診察してもらえる
  • 薄毛治療に関して専門性がある
  • 薄毛患者を数多く診ている
  • プライバシーへの配慮がされている
  • 同じ悩みの患者が通院している
  • 自分に合った治療法を選択できる
  • 薬代や施術代のみでの治療が可能
  • オンライン診療が導入されている
  • ホームページで治療内容が確認できる

 

 

【AGAクリニックのデメリット】

  • 予約が必要
  • 予約を取り消す場合、キャンセルの連絡が必要
  • 保険が適用される病気が見つかれば、一般の皮膚科病院へ行くように言われる
  • 保険診療をしていないところが多い

 

 

薄毛治療で一般皮膚科に行くのは意味なし?

 

 

気になる抜け毛の原因を調べるため、というのなら行きやすい近所の皮膚科を最初のステップに選ぶのは「あり」です。

 

 

薄毛の原因はさまざまで、中には頭皮が炎症を起こしていたり、何らかの皮膚疾患が原因ということもあります。

 

 

診てもらったところ、病気が見つかった場合には、そのまま保険診療が可能となります。

 

 

逆に、特に悪いところもなく、薄毛の原因がAGAだった場合、改めて、そのまま治療を受けるか、より専門的なAGAクリニックで診てもらうか、決めるといいでしょう。

 

 

サチコ

10代の男子には、このパターンが多いようです。

 

マキ

未成年だと、AGAクリニックは親の承諾が必要になるけどね~。

 

逆に、AGAクリニックで皮膚疾患など保険診療が可能な病気が見つかった場合は、一般皮膚科へ行くようにすすめられます。

 

 

サヨリちゃん

AGAクリニックでも治療ができますが、自由診療になってしまいます。

 

結局、どちらへ行っても問題はありませんが、薄毛や抜け毛の原因がAGA(男性型脱毛症)だとわかれば、治療の選択肢が複数あって、薄毛の症状別に治療を組み合わせることができるAGAクリニックに移るほうが、治療効果も高いようです。

 

 

私の周辺の方々が利用しているAGAクリニックはこちらです。

若ハゲ改善に評判のいい病院ってどこ?おすすめ薄毛治療クリニック一覧

 

植毛クリニックの選び方|失敗しないためのチェックポイント解説

 





2005年にAGA治療薬としてプロペシアが発売されて以降、AGAの初期~中期なら十分に回復できますが、それ以上に進行してしまった薄毛は、別の手段を考えなければいけません。

 

 

そこで、根本的な解決法を望む場合、選択肢として浮かぶのは自毛植毛です。

 

 

マキ

でも、植毛って・・・本当に大丈夫?

 

よし子ちゃん

お薬の治療と違って、手術ですからね・・・失敗したら、取り返しつきませんよ。

 

自毛植毛の安全性と有効性とは?

 

 

自毛植毛って、薄毛治療法としては、どのくらい有効なのでしょうか?

 

 

また、安全面も気になるところです。

 

 

日皮会の『男性型脱毛症(AGA)診療ガイドライン』を見てみると、自毛植毛の推奨度は、上から2番目の「B」評価です。

 

 

マキ

ふ~ん、これはなかなか良いみたいね。

 

その内容をかいつまんで見てみますね。

 

対象:男性型脱毛症(AGA)

自毛植毛手術:推奨度B

 

  • 2015年度において世界全体で397,048件(男性84.7%、女性15.3%)の自毛植毛が実施されている
  • 自毛植毛は82.5%以上の高い生着率が得られる(Beehner著書より)

 

AGA治療薬による効果が十分でなく、ほかに手段がない状況において、十分な経験と技術を有する医師が施術する場合に限り、自毛植毛を行うよう勧める。

(『男性型脱毛症(AGA)診療ガイドライン』2017年版より)

 

 

サチコ

と、このようになっています。

 

この推奨度はA~Dまである中の「B」です。

  • 安全性あり
  • 有効性あり

といったところでしょうか。

 

 

一方で、

女性型脱毛症に対しての推奨度は「C1」です。

 

 

ちなみに、

人工毛植毛の推薦度は「D」です。

 

 

「安全性に関する高い水準の根拠が得られるまでは、原則として人工毛植毛術を行うべきではない」

というのが、人工毛植毛に対する、現時点での評価のようです。

 

 

人工毛植毛がなぜ評価が低いかについては、こちらの記事をご覧ください。

植毛の種類|自毛植毛と人工毛ならどっちがおすすめ?

 

 

ともあれ、自毛植毛するなら

「十分な経験と技術を有する医師が施術する」ことが最重要なわけです。

 

ここでは、そういう自毛植毛クリニックを見つけるポイントを探っていきます。

 

 

植毛は値段で選んではダメ!?

 

 

植毛クリニックを探す時に気をつけたいのは、クリニック選びの基準です。

 

 

中でも、「一番してはいけないこと」「避けたほうがいいこと」の筆頭が、値段の安さのみでクリニックを選んでしまうことです。

 

 

マキ

まあ、わからんでもないんだけどね~。

 

最初は、「完ぺきな植毛」「最高の出来上がり」を求めてリサーチしていくのですが、いつの間にか、その基準が「できるだけ安価に」にすり替わっている方も多くいらっしゃいます。

 

 

マキ

ああ、わかる。

よし子ちゃん

・・・それの、何がいけないんですかっ?

 

そういう基準で選んでしまった方に、後々、不満が残る方が見受けられます。

 

 

私の周辺の植毛体験者には、

はっきりと「失敗した」という方はいませんが、生え際の植毛部分などに、じゃっかんの不満を抱える方はいらっしゃいました。

 

逆に、ドクターの「経験値」と「技術力の確かさ」を最重視してクリニックを選んだ方々は、特に、これと言った不満はないようで、「やってよかったと思ってるよ」とのことです。

 

 

つまり、普通~大いに満足している、というふうに感じました。

 

 

よし子ちゃん

た、確かに・・・そんな感じですね・・・。

マキ

ニッコニコして、聞いてないことまで語ってくれるよね~。

 

植毛とは頭皮への外科手術であり、美容医療です。

 

 

見た目が改善されてこそ、意味があるというものです。

 

 

仮に失敗すると、見た目が損なわれるどころか、その後の生活に多大な影響をおよぼします。

 

 

マキ

多大な影響どころか・・・支障ありまくりよ・・・

よし子ちゃん

見た目がムザンなことになっちゃいます。

 

そのためにも、

クリニック選びで重視するのは、その技術力とそれを下支えする臨床件数(経験値)、そして、ドクターの高い美意識・センスに裏付けされたデザイン力。

 

 

サチコ

加えて、ドクターの誠実さ、でしょうか。

 

今、多くの植毛クリニックが公式のホームページを持って、情報発信を行っています。

 

気になるクリニックのホームページをじっくりと読み込み、そこからでは判断できないことや、見えない部分については、カウンセリングを受けた際に、見極める、ということですね。

 

 

マキ

植毛に関する疑問点なども質問できるしね~。

 

そういう意味でも、

無料カウンセリングがある場合は、積極的に活用することをおすすめします。

 

 

実際にクリニックを訪問し、

ドクターと対話することで、いろいろと見えることもあると思います。

 

 

そのほか、スタッフの接遇態度、クリニック全体の雰囲気などもチェックしておくといいですね。

 

 

植毛費用はなぜ高額なの?

 





植毛がなぜ高額なのかというと、答えは簡単で、健康保険が適用されないからです。

 

 

植毛は見た目を整える美容医療なので、

治療にかかる費用は、どれほどゴネてもねばっても、全額(10割)自己負担です。

 

 

マキ

自由診療ってことなのね。

 

AGA治療もふくめて、薄毛問題は、しょせん命にかかわらない美容問題なのです。

 

 

では、何にお金がかかって高額なのか、ということですが、

 

 

植毛は外科的手術で、確実性と安全性のために、数々の医薬品や医療器具が使用されます。

 

 

そして、それらはドクターが常に品質の良いものを選んで取りそろえるので、必然的に価格も上昇します。

 

 

ただし、その分、仕上がりも良くなって、生着率の高い、満足感の得られる植毛となって、患者にかえってきます。

 

 

逆に、この見えない部分で劣化品をあえて選ぶところは、後々、患者を泣き寝入りさせるクリニックです。

 

 

同じ植毛するなら、定着率(生着率)が高い方がいいとは思いませんか?

 

 

マキ

そりゃ、そうよね。

んで、これ以外にお金がかかる部分というと・・・?

 

よし子ちゃん

まだ、あるんですかぁ?

 

【手術助手(人件費)】

 

そのほか、お金がかかるという部分では、

熟練の医療スタッフのサポートも、植毛の定着率UPには必要不可欠です。

 

 

自毛植毛は、時間との勝負です。

ドクター一人でできるものではなく、チームで行う施術です。

 

 

つまり、自毛植毛はチームワークで、ドクター以外の手術スタッフ全員が専門助手として熟練度の高いエキスパートなわけです。

 

そういうスタッフをそろえるには、やはり、格安では無理な話です。

 

 

そういった費用の全額を、患者が負担しなければならないので、どうしても費用は高くつきます。

 

 

もたもたして不慣れな助手だと、生着率が下がり、「植毛したら髪減った!」ということになりかねませんので、要注意です。

 

 

【クリニック間の価格差】

 

クリニックの裁量で値段を設定できる自由診療とはいえ、クリニック間でそれほど大きな金額の差はありません。

 

 

マリエさん(困惑)

大手クリニックの資金力の前には、どうしても差がついてしまうけどね・・・。

 

必要経費にプラスαした金額が請求されるわけですが、でもそれは必要な値段でもある、と考えた方がいいですね。

 

 

なので、相場よりも格段に値下げされた治療費というのは、内情を熟知して、安全だと確信できない限りは、おすすめしません。

 

 

相場価格を大きく下回る費用を提示している場合、クリニックの立地条件や規模から、家賃やその他の経費などを想定してみてください。

 

 

果たしてその金額で、クリニックの経営が成り立つものかどうか、ちょっと経営者目線でチェックしてみるのも一つの方法です。

 

クリニックごとに植毛費用が違うのはなぜ?

 

 

それにしても、なぜ同じ植毛なのに、クリニックによって値段が違っているのでしょうか。

 

 

植毛を受けるクリニックによって、同じ植毛法や同じ範囲でも、値段に差が出るのは、

 

 

繰り返しになりますが、

植毛が保険診療ではなく、自由診療だからです。

 

 

自由診療では、

クリニックが自由に治療費用を設定することができます。

 

 

要するに、必要経費に利益をどれだけ上乗せするかを、自由に決めることができます。

 

  • 植毛の付加価値(独自性・技術力など)
  • 植毛スタッフの熟練度(人件費)
  • 使用する医薬品や医療器具の質
  • その他

 

ただ、競争原理も働くので、現在、高レベルな植毛クリニックが多い日本では、暴利をむさぼれるクリニックは皆無だと思います。

 

 

また、突き抜けた大金持ちがゴロゴロいるわけでもない日本では、アメリカ並みの高額設定だと、患者が来なくてクリニックが経営破綻します。

 

 

となると、だいたい、似たような価格帯で落ち着く、ということです。

 

 

現に、植毛の最高峰である【刈り上げない】植毛方法の値段を見ていくと、どこのクリニックも大差はありません。

 

 

価格差は、基本治療費(手術費)と、グラフト単価の差となりますが、それも微々たるものです。

 

 

サチコ

微々たる違いでも、積れば大きい差額になっちゃうんだけど・・・

 

よし子ちゃん

ですよね~。

 

提示されている植毛価格が、相場の範囲内であれば、それは企業努力(?)でクリニックががんばっているだけなので、ある程度、安くても大丈夫だと思います。

 

 

それでも、ドクター本人の経歴や臨床件数などはきちんと確認してくださいね。

 

 

安価でありながら、品質の高い自毛植毛を受ける方法については、こちらの記事にまとめています。

植毛の気になる値段|安くて失敗しない、そんな植毛法はどれだ!?

 

 

まとめ

 

皮膚科医 高宮先生

 

 

薄毛治療で失敗しないクリニック探しのポイントを「AGAクリニック」と「自毛植毛クリニック」に分けて、見てきましたが、参考になりましたでしょうか。

 

 

まず、AGA治療薬での薄毛治療は、

薄毛治療の専門クリニックであれば、どこのクリニックでも一定の効果が見込めます。

 

 

薄毛(AGA)治療は、一般皮膚科であっても保険は適用されませんので、治療薬や治療法にいくつかの選択肢がある専門クリニックで治療を行うほうが、より早く回復が見込めます。

 

 

ただ、最近では、自由診療ではありますが、一般皮膚科でも美容医療(シミ取り、美白、AGA治療など)を取り扱っているクリニックもあります。

 

 

専門クリニックが遠方で行きにくいような場合は、そういうクリニックを探してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

その場合も、やはり治療方法は限られています。

 

 

またAGA治療薬は、インターネットで海外輸入品を購入することもできますが、品質が保証されないので、おすすめしません。

 

 

特にミノキシジルの内服薬の自己判断での服用は、健康被害につながる恐れがあるので、要注意です。

 

 

個人輸入の薬は成分が不明?今どきの「安さ」にはワケもあるよ

 

 

自毛植毛クリニックを選ぶ際は、

遠方であっても技術力の確かな医師を選んでください。

 

 

それが、自毛植毛を「やってよかった」と思えるかどうかの分かれ道です。

 

 

自毛植毛クリニックには、

交通費や1泊程度の宿泊費を支援するサービスを設けているところもあります。

 

 

公式サイトを調べれば、サービスの内容や条件はすぐに出てきます。

 

 

記載されていない場合は、公式サイトの問い合わせメールで確認すると、教えてくれます。

 

 

サチコ

今は広告の規制が厳しいので、載せていない場合もあります。

 

植毛クリニックは、必ず公式サイトをじっくりと読み込んで、まずは技術力の確かそうなクリニックを候補として選びます。

 

 

次に、実際にカウンセリングを受けてみて、信頼できるドクターに出会ったなら、晴れて、植毛手術をしてもらう。

 

こういう流れです。

すると、たいがい成功します。

 

 

ということを、

植毛に成功した元薄毛患者の男性方が、異口同音に語られていますので、確かだと思います。

 

 

どうぞ参考意見として、役立ててくださいね。

 

 

いいかも♥

薄毛じゃなくなった日から、毎日が楽ですよ~。

 

応援しています!

 

失敗したくない人のための「おすすめ」植毛クリニック in Japan