きちみや

こんにちは、髪ふさアドバイザーの吉宮です。

 

 

今回は、植毛手術後に髪が抜け落ちる現象についてです。

 

 

前回の「ショックロス」に続いての後半として、

 

 

植毛後の「一時的脱落」について、詳しく見てまいりたいと思います。

 

 

前編「ショックロス」

後編「一時的脱落」


植毛したら髪が抜けた!?移植後の「通過儀礼」って逃れられないっ?








植毛手術後の「髪が抜け落ちる」現象には「ショックロス」のほかにも「一時的脱落」というものがあります。

 

 

ショックロスは体質による個人差があるものの、それに対して「一時的脱落」は、すべての方に起こる脱毛現象です。

 

 

内科医 福崎先生

でも、大丈夫。

 

 

怖気づくことはありません。

 

 

この現象は、植毛の失敗でもなく、不思議な現象というわけでもありません。

 

 

知って対処すれば、問題なく乗り越えることができるのです。

 

 

では、「一時的脱落」とは、どういったものなのか、見てまいりましょう。

 

 

一時的脱落ってナニ!?

 

 

植毛手術を終えた後、およそ1か月~3か月の間に、移植した髪が短い状態のまま抜け落ちます。

(短いのは、採取時に3ミリ程度の長さにカットしているため)

 

 

少し成長した(伸びた)だけで、せっかく移植した髪がパラパラと抜け落ちるのを見ると、

 

 

血も凍りつくほどの恐怖を味わうことになりますが、

 

 

実際に植毛手術を受けた方というのは、

 

 

この点に関して、きっちりしっかりと説明を受けているので、

 

 

特に不安になることもないのです。

 

 

まあ、外見的な問題では苦笑いが出るでしょうけれど、

 

 

それも長い人生から見ると、つかの間のことです。

 

 

では、なぜ、せっかく移植した髪が抜け落ちてしまうのでしょうか。

 

 

移植した髪がパラリと落ちるワケ

 

 

移植した髪というのは、男性ホルモン(DHT)の攻撃影響を受けない、

 

 

後頭部か側頭部から採取した髪です。

 

 

これまで安全圏の後頭部で、健全に毛周期をきざみ、

 

 

その中で髪が生まれます。

 

 

成長期→退行期→休止期という流れをたどっていた髪を、

 

 

周囲の組織(髪の生産工場)ごとくりぬいて、

 

 

無毛地帯に移植するわけです。

 

 

そうして移植された髪は、新たな場所に根付こうとします。

 

 

うまく細胞が根付く(生着する)ことで、新たな髪の赤ちゃんが生まれます。

 

 

髪の赤ちゃんが生まれると、

 

 

その上にある移植された髪は、強制的に「休止期」入りとなってしまいます。

 

 

休止期毛というのは、成長を終えて、

 

 

後は抜けるのを待つばかりの髪、ということです。

 

 

濡れた髪をドライヤーで乾かした際に、勝手に抜け落ちる髪が、その休止期毛にあたります。

 

 

髪の赤ちゃんが、新天地ですくすくと育つと、

 

 

「休止期」に入った移植毛は、下からグイグイ押し出されて、

 

 

やがてパラリと脱落するのです。

 

 

それが、だいたい植毛後1か月~3か月の間に起こります。

 

 

そして、古い(移植毛)髪を押し出した後、

 

 

元気に伸び盛りの新生髪が顔を出す、ということですね。

 

 

その後は、通常の毛周期を繰り返していくことになります。

 

 

一時的脱落って・・・移植した髪、ぜんぶ一気に抜けるの?





移植した髪が「一時的に抜け落ちる」という、この現象は、

 

 

すべての髪がいっせいに脱落するわけではありません。

 

 

通常は時間差があり、まだらに抜けるケースが多いようです。

 

 

とは言っても、こればかりは一人ひとりの体質や状態によって違ってきます。

 

 

人によっては、9割近く抜け落ちる方もいれば、

 

 

かなり長い間、移植した髪を維持できる人もあるようです。

 

 

内科医 福崎先生

とにかく個人差がある、ということだね。

 

 

いずれにしても、「一時的」に抜け落ちるのであって、

 

 

その後に新生「DHTに負けない強い髪」が生えてきます。

 

 

内科医 福崎先生

そう考えると、「早く抜けないかな~」なんて、思わないかい?

 

 

マキ

思いませんよ~・・・

 

 

とにかく、抜けた髪の毛穴の奥には、髪の赤ちゃんが生まれているのです。

 

 

お目見えするのを、心待ちになさってくださいね。

 

 

植毛したら髪が抜けた!一時的脱落している間の対処法とは?

 

 

一時的脱落の対処法としては、

 

 

「ふりかけ」と呼ばれている増毛パウダーが手軽で、

 

 

かなりいい仕事をしてくれるかと思います。

 

 

「ふりかけ」とは、髪色のパウダーが静電気と皮脂によって、

 

 

頭皮と髪の1本1本に付着することで、

 

 

一見、毛密度が増したように演出してくれるものです。

 

 

今では、男女兼用のかなり高品質なものも販売されていますので、

 

 

以前と比べて使用感もかなり改善されたようです。

 

 

サチコ

ちなみに、男女兼用のものは、増毛パウダーではなく、

「ヘアファンデーション」と呼んでくださいね。

 

昔ながらの「ふりかけ」タイプは、ドラッグストアでも購入できますが、

 

 

使い勝手の良さなどから、パフとボトル一体型のものがおすすめです。

 

 

また、増毛パウダーを選ぶ際には、

 

 

色味や定着性、落としやすさ、などをチェックして選びましょう。

 

 

色味が自毛の色と違っていると、

 

 

何も知らない人から見ると、いかにも「何かを塗っている」ような違和感があり、

 

 

自然光の下では、かえって悪目立ちします。

 

 

サチコ

定着性については、言わずもがな、ですよ。

 

もしも動いているうちに、白いシャツや肩に黒いものが飛び散っていては、いろいろと台無しですよね。

 

 

サチコ

なので、パウダーの場合、必ず定着スプレーを使用してください。

 

 

定着スプレーをすることで、パウダーを固着させ、水と汗に強くなります。

 

 

パウダーとスプレーが一緒になった増毛スプレーなどもありますが、仕上がりの点で、やや劣ります。

 

 

また、皮膚に直接つけるものですから、化粧品と同様、成分に安全性を求めてください。

 

 

髪に気を遣っている方なら、髪にやさしい成分のシャンプーを使っていることかと思いますが、

 

 

その普段のシャンプーでかんたんに落とせるものがよいでしょう。

 

 

こうした対処法もクリニックでいろいろと教えてもらえます。

 

 

便利なアイテムをうまく活用して、ストレスなく、髪が整うまでの中間期を過ごしたいものですね。

 

 

サチコ

増毛パウダー、ヘアファンデーションについては、こちらの記事をご覧ください。

 

関連記事⇒白髪もツムジも薄毛も隠す新しい「ふりかけ」とは?

進化した「ふりかけ」なら、つむじハゲも一瞬で隠して、アウトドアスポーツにも耐えられる仕様が標準。その使い勝手の良さを調べてみた。

 

 

 

植毛したら髪が抜けた!「まとめ」っぽいの








植毛後、一時的に髪が抜ける現象には、

 

 

ショックロス」と「一時的脱落」があり、

 

 

どちらも術後1か月~3か月の間に起こります。

 

 

ショックロスは起こらない人も多いですが、

 

 

「一時的脱落」に関しては、大なり小なり、誰にでも起きます。

 

 

どちらも、抜けた後、数か月で髪が再生されますので、慌てることはありません。

 

 

なにより「一時的脱落」というのは、

 

 

毛周期にのっとった髪の再生の一過程に過ぎない、ということです。

 

 

つまり―――、

 

 

移植した毛根の細胞が生着したタイミングで、いったん、毛周期が初期化(リセット)されます。

 

 

そこに、新しい髪が生まれます。

 

 

その時点で、移植した髪は、たとえ成長期にあったとしても強制的に休止期に移行し、

 

 

やがて新しい髪の成長とともに、押し出されて抜け落ちるのです。

 

 

また、新しく生まれた髪は、場所を移されたとしても後頭部での性質を保持しています。

 

 

ですので、男性型脱毛症(AGA)の要因でもあるDHTの影響を受けにくく、

 

 

また髪がミニチュア化することもなく、抜けにくい元気な強い髪が育つということですね。

 

 

後頭部の髪が白髪になる時には、移植した髪もまた、同じように白髪となっていきます。

 

 

サチコ

自然な感じ、って素晴らしいですね。

 

失敗したくない人のための「おすすめ」植毛クリニック in Japan