自毛植毛と人工毛植毛

どっちがいいか迷った時には?

皮膚科医 高宮先生



きちみや

こんにちは、髪ふさアドバイザーの吉宮です。

 

 

現在、日本国内で植毛しようとすると、自毛植毛と人工毛植毛の2つの選択肢があります。

 

 

薄毛対策として植毛を考えたとき、

まず初めに迷うのが「どちらを選ぶべきか?」ということだと思います。

 

 

今回は、自分に合った植毛法を見つけるためにも、客観的に2つの植毛法の特徴や値段の相場などをチェックしていきたいと思います。

 

 

内容としては、

 

  • 自毛植毛と人工毛植毛の特徴と違い
  • それぞれのメリットとデメリット
  • 平均的な植毛費用
  • 安価な植毛法とは?

 

こういった項目で調べてみました。

 

 

自毛植毛と人工毛植毛、どちらを選ぶべきか悩んでいる方は、どうぞ参考にしてみてください。

 

 

 

自毛植毛とは?髪が生え続けて手間いらず!?

 




自毛植毛とは、AGAの影響を受けにくい後頭部と側頭部の髪を、薄毛部位に移植する技法です。

 

 

厳密には、毛根をふくむ毛包組織を採取し、それを頭頂部や前頭部などへ移し替えることで、その後も髪が半永久的に生え続けるものです。

 

 

一度、植毛した髪は、AGAの影響を受けず、特別な手入れ不要です。

 

 

自毛植毛の歴史は長く、特に臨床試験のようなことはされていませんが、その有用性は広く認知されています。

 

 

資料によると2015年度には、全世界で39万人強の人が自毛植毛施術を受けているとのことです。

 

 

これらの内分けは男性が84.7%、女性が15.3%となっています。

 

 

やはり圧倒的に男性が多いですね。

 

 

植毛というと、通常はこの自毛植毛のことを指します。

 

 

日本で主流の植毛方法とは?

 

 

自毛植毛には大別して2種類の方法があります。

 

  • メスを使う方法(FUT法)
  • メスを使わない方法(FUE法)

 

 

そして現在、

日本で主流とされる自毛植毛法は、

メスを使わないFUE法です。

 

 

ダウンタイムがほとんどなく、傷あとも残らないFUE法をメインとし、

 

 

広範囲の植毛で大量のグラフト採取が必要な場合に、メスを使うFUT法を併用する形で施術が行われます。

 

 

FUT法の植毛では、グラフト採取にメスを使うため、後頭部に横一本線の傷あとが残ります。(FUT法についてはこちらの記事にまとめています)

 

 

サチコ

帯状に皮ふを切り取った後、縫い合わせた傷あとです。

 

昔はFUT法しかなかったので、植毛した人に特有の傷あとでしたが、今では、この傷あとをできるだけ目立たなくする工夫がされています(日本の植毛界では)。

 

 

日本の熟練ドクターの手技にかかると、繊細な縫合技術で傷もほとんどわからなくなりますが、メスを使うために、どうしても「無傷」というわけにはいかないのがFUT法です。

 

 

【FUE法とFUT法の特徴の比較】

FUE法 FUT法
メス 使わない 使う
抜糸 なし あり
傷あと なし 残る
ダウンタイム なし あり
広範囲の植毛 不向き 向いている
植毛費用 FUTより高価 FUEより安価

 

 

人工毛植毛とは?即効性の増毛効果あり!?

 

人工毛植毛



人工毛植毛とは、

ウィッグに使われるような人工毛髪に、頭皮に埋め込むための器具などが付いていて、それを薄毛の部位に植え込んでいく技術です。

 

 

サチコ

人工毛の材質や形状はメーカーによって違います。

 

人工毛植毛の特徴として、

長さのある人工毛を植毛するので、施術後には髪が「ふさふさ」という、即効性の増毛効果を楽しめます。

 

 

一般の増毛では、生えている髪の根本に人工毛を結びつけますが、

 

 

人工毛植毛では直接、頭皮に植え込んでいくので、ハゲていても問題ありません。

 

 

サチコ

ここが、増毛とは違うポイントですね。

 

人工毛の材質は、ポリエチレンやポリエステル、ナイロンなどでできています。

 

 

ポリエチレンというと、

ペットボトルやプラ包装などの「PE」や「PET(ポリエチレンテレフタレート)」ですね。

 

 

人工毛なので、カラーバリエーションもあって、長さも自由自在です。

 

 

ただ、いいことばかりではありません。

 

 

人体に埋め込むものなので、医療用に適した材質が使われているのですが、体にとって人工毛が異物であることは変わりありません。

 

 

人間の体には、外部から侵入した細菌やウイルスなどの外敵を退治しようとする免疫システムが備わっています。

 

 

この免疫システムによって炎症が起きたり、一度埋め込まれた人工毛も異物として少しずつ押し出され、長くもっても5~8年後にはほとんどが脱落してしまいます。

 

 

シャンプーやブラッシング、その他の刺激によって、自然に抜け落ちていくので、見た目をキープするためには、抜けた分を補うメンテナンスが必要です。

 

 

また、人工毛を埋め込んだ孔(あな)は皮脂汚れやホコリなどがたまりやすく、それが原因で炎症がおきやすいため、清浄を保つための日々のケアが重要です。

 

 

クリニックでケア方法とケア用品などが渡されるので、その手順をきちんと守ることが、人工毛を長く楽しむポイントです。

 

 

人工毛の特徴でもあり、最大のメリットは、

 

  • 施術後の帰宅時には髪が増えている
  • 好きなだけ、髪の量を増やせる増毛効果がある

 

この2点が、自毛植毛と違う、人工毛植毛ならではのメリットでもあります。

 

 

自毛植毛と人工毛植毛のメリットとデメリット比較

 

植毛を考えている男女



ここでは、自毛植毛と人工毛植毛の違いを知るためにも、それぞれのメリット・デメリットを比較して確認していきたいと思います。

 

 

植毛のメリット比較

 

 

 

まずは、自毛植毛と人工毛植毛それぞれのメリット部分を確認してみます。

 

 

【自毛植毛のメリット】

 

  • 植毛した髪はAGAの影響を受けない
  • 自分の毛包組織(細胞)を移植するので拒絶反応がない
  • 定着した髪は半永久的に生え続ける
  • 炎症のような皮膚トラブルは起こらない
  • 植毛後、特にケアの必要はない

 

植毛した髪は、AGAの影響を受けず、健全なヘアーサイクルで髪は伸び続け、自然に抜けた後は、また新しい髪が生えてきます。

 

 

後頭部の髪が白髪になってくる頃には、植毛した髪も白髪となって生え続けます。

 

 

【人工毛植毛のメリット】

 

  • 増やしたいだけ髪を増やせる
  • 短時間で髪を増やせる
  • 植毛する髪色や長さを選ぶことができる

 

 

人工毛も年々、進化をとげていて、キューティクルのウロコ状も再現されています。

 

 

そのため、見た目、手触りなどもしなやかで、ツヤのある髪が楽しめます。

 

 

植毛のデメリット比較

 

 

次に、自毛植毛と人工毛植毛のデメリット部分を見ていきます。

 

 

【自毛植毛のデメリット】

 

  • 植毛後に髪が生えそろうまで一定の時間がかかる
  • 現在の髪の総本数が増えるわけではない
  • ドナーロスの可能性がある

 

よく誤解されている方が多いのですが、自毛植毛をして毛髪量が増えるわけではありません。

 

 

自毛植毛は、今生えている髪を、薄毛の部位へ移動させる技術です。

 

 

また、植毛してもうまく定着しなかったり、移植毛を採取する際に傷ついた毛根は、そのまま失われます。

 

 

そのようなロスを最小限にとどめるためにも、自毛植毛は経験豊富な熟練ドクターに依頼してください。

 

 

失われる移植毛については、こちらの記事にまとめています。

植毛したら髪減った!?まさかの「定着しなかった髪」とは?

 

【人工毛植毛のデメリット】

 

次に、人工毛植毛のデメリットです。

 

 

人工毛の品質はかなり向上し、植毛用の人工毛についても改良が重ねられていますが、悩ましいことに、デメリットも多めです。

 

  • 感染症予防の毎日のケアが必要
  • 異物を埋め込むため、拒絶反応が起こる可能性がある
  • 異物を埋め込むために植毛後に炎症を起こしやすい
  • 年々、自然に抜け落ちていく
  • 数年ごとに補充のメンテナンスが必要
  • パーマや使用するスタイリング剤などに制限あり
  • 材質によってはドライヤーやサウナなども不可

せっかく植毛しても、やがて抜けていくというのが、人工毛植毛の残念な部分ではありますが、発想の逆転もアリです。

 

 

例えば、数年後に抜け落ちることをデメリットととらえず、ファッションとして好みのカラー人工毛を、エクステのように楽しむのも一つの方法です。

 

 

ただ、人工毛植毛をした方は、埋め込んだ部分の炎症を防ぐためにも、日々のケアは、サボらずに、きっちりと行うことが大切です。

 

 

今どきの植毛のお値段っていくらぐらいが相場?

 

植毛費用の比較



現在、日本で植毛したとして、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

 

 

自毛植毛と人工毛植毛それぞれの平均的な値段を見ていきます。

 

 

植毛は全額自己負担で、健康保険は適用されません。

 

 

そして、自由診療ということで、植毛クリニックによって値段も多少は違いますが、それでも「だいたい、このくらい」という平均的な値段を参考にしたいと思います。

 

 

自毛植毛のお値段|今どきの相場

 

 

ここで参考にする自毛植毛のお値段は、メスを使わない植毛(FUE法)で施術した場合で見ていきます。

 

 

1グラフトの単価は、クリニックによって違いますが、平均的な単価で計算してみました。

 

 

【M字型】

AGAのM型ハゲ



おでこの両側が後退し始めている人

 

薄毛状態 必要グラフト数 植毛費用
M字浅め 400~700 50万~80万円
M字深め 700~1000 80万~100万円

 

 

【O字型】

AGAのO型ハゲ



頭頂部が薄毛になっている人

 

薄毛状態 必要グラフト数 植毛費用
つむじ周辺 500~700 60万~80万円
頭頂部広め 700~1000 80万~100万円

 

 

【M+O字型】

AGAの複合型ハゲ



おでこから頭頂部の薄毛で、ほぼAGAの完成形の人

 

薄毛状態 必要グラフト 植毛費用
深いMとO字型 1200~1800 130万~150万円
MとOの無毛型 2000~3000 180万円~250万円

 

 

植毛は、薄毛範囲が広ければ広いほど、たくさんのグラフトが必要となり、それだけ費用もかかります。

 

 

AGAがかなり進行して、広範囲の植毛が必要な場合は、メスを使うFUT法を併用することが多くなります。

 

 

そうすることで、身体的負担の軽減と、費用を安くおさえることができます。

 

 

サチコ

FUE法は、広範囲の植毛には不向きだそうですよ。

 

この辺りは、植毛クリニックのドクターと相談して、もっとも良い方法を選んでいくのが間違いないと思います。

 

 

自毛植毛の施術方法別の平均価格や、おおよその値段の計算方法については、こちらの記事にまとめていますので、参考にしてみてください。

はじめての自毛植毛@気になる治療費用の目安ってどのくらい?

 

人工毛植毛のお値段|今どきの相場

 

 

人工毛植毛では、自毛植毛のようにグラフト数ではなく、人工毛の本数で計算していきます。

 

基本治療費+(必要本数×単価)=植毛費用

 

人工毛植毛は、メーカーやクリニックによって値段は違います。

 

 

いろいろな美容皮膚科クリニックが、海外製の人工毛植毛を採用しては、いつの間にかメニューから外してしまう中、

 

 

「ニドーシステム頭髪専門クリニック」が、逆風に負けず、独自開発(国産)の人工毛植毛をひたすら追求しているので、そちらの植毛費用を参考にさせていただきます。

 

 

【M字型】

AGAのM型ハゲ



おでこの両側が後退し始めている人

 

薄毛状態 必要本数 植毛費用
M字浅め 1000~1400本 26万~37万円
M字深め 1500~2000本 39万~52万円

 

 

【O字型】

AGAのO型ハゲ



頭頂部が薄毛になっている人

 

薄毛状態 必要グラフト 植毛費用
つむじ周辺 900~1200本 24万~32万円
頭頂部広め 1000~4000本 26万~104万円

 

 

【M+O字型】

AGAの複合型ハゲ



おでこから頭頂部の薄毛で、ほぼAGAの完成形の人

 

薄毛状態 必要グラフト 植毛費用
深いMとO字型 3000~5000本 78万~130万円
MとOの無毛型 6000~7000本 156万円~182万円

 

 

自毛植毛と人工毛植毛、結局どっちが安くてお得?

 

植毛の値段を調べる男性



ここまで、自毛植毛と人工毛植毛の平均的な価格を見比べてきましたが、単純に値段だけを見ると、あきらかに人工毛植毛のほうが安上がりです。

 

 

M字型薄毛への植毛費用を比較してみます。

 

種類 M字浅め M字深め
自毛植毛 50~80万円 80~100万円
人工毛植毛 26~37万円 39~52万円

 

このように、同じ範囲でも、植毛費用は人工毛のほうが安価となります。

 

 

人工毛植毛は本当に安価なのか?

 

 

植毛後、人工毛は通常の生活の中で自然に抜け落ちていきます。

 

 

そのため、定期的に追加の植毛(メンテナンス)が必要となります。

 

 

人工毛植毛のメンテナンスの目安ですが、

個人差はあるものの、見た目をキープするには、年に1~2回の補充がベストのようです。

 

 

つまり、人工毛植毛は見た目回復の即効性はあるものの、ランニングコストがかかるということです。

 

 

自毛植毛の値段は高額ってホント?

 

 

自毛植毛は、一度、植毛して定着した髪は、その後、半永久的に生え替わり続け、特にお手入れも必要ない、というのは大きな魅力です。

 

 

ただ、1回の施術にかかる費用は、人工毛植毛に比べて、確かに割高です。

 

 

それでも、自毛植毛を選ぶ方が圧倒的多数なのは、やはり術後にランニングコストなどが一切不要、という大きなメリットがあるからです。

 

 

1回の費用は安くても、数年おきにメンテナンスが必要な人工毛植毛と、

1回の費用は高額でも、その後は抜けても勝手に生えてくる自毛植毛と、

果たしてどちらがお得かと考えたとき、多くの方が自毛植毛に気持ちが傾くのではないかと思います。

 

 

だからと言って、値段の安さのみでクリニック探しをし、多少の疑問や不安に目をつむって植毛施術を受けると、後々になって何らかの不満を残したり、あるいは後悔することになりかねません。

 

 

植毛の失敗は、非常に目立つ部分なだけに、本当に致命的です。

 

 

マキ

それは、わかるんだけど~。

できれば、ちょっとでも安いほうが助かるのよね~。

 

確かに、きちんと施術を行い、なおかつ安価な植毛があればベストです。

 

 

安全に、でも、できるだけ安価な植毛を考えている方は、一度「ARTAS(アルタス)植毛」をチェックしてみてください。

 

 

アルタス植毛は、高性能な植毛ロボットを使った施術方法で、全体的にかなり抑えた費用設定となっています。

 

 

安価な自毛植毛については、こちらの記事にまとめていますので、参考にしてみてください。

植毛の気になる値段|安くて失敗しない、そんな植毛法はどれだ!?

 

 

日本の植毛と値段の相場(まとめ)

 

皮膚科医 高宮先生



現在、日本国内で植毛を受けようとすると、自毛植毛と人工毛植毛の2つの選択肢があります。

 

 

どちらの植毛法にも、それぞれメリットとデメリットがあるので、その両方をしっかりと検討した上で、自分に合った方法を見つけてください。

 

 

特にデメリット部分に関しては、ある程度、自分でも調べてみて、不明な点についてはクリニックの無料カウンセリングを活用して、きちんとした説明を受けてください。

 

 

ドクターの説明を受けても、なお、不安が残ったり、説明に納得できなかった場合は、いったん帰宅して、ゆっくりと考える時間を持ったほうがいいかもしれませんね。

 

 

また、自毛植毛を安価に受けたいと考えている方には、アルタス植毛をおすすめします。

 

 

やみくもに植毛費用の安さだけでクリニックを探していると、いざ植毛をしてみたところ「こんなはずじゃなかった」という結果になるかもしれません。

 

 

植毛の失敗は本当に、取り返しがつかないので、注意してください。

 

 

植毛して「満足しているよ」という方々に聞くと、たいがい「技術力」「経験値」「植毛方法」などでクリニックを選びだし、そのあと「費用」を考えて、第一候補のクリニックを決定している様子です。

 

 

植毛は外見を整える大切な手術です。

 

 

値段の安さのみで選ぶのではなく、

メリットとデメリットをしっかりと見極め、安全性を確認した上で、

 

 

最適な方法と、

ベテランドクターのいるクリニックを選んでくださいね。

 

 

クリニックを探している方はこちらも参考までにどうぞ。

失敗したくない人のための「おすすめ」植毛クリニック in Japan