きちみや

こんにちは、髪ふさアドバイザーの吉宮です。

 

植毛したにもかかわらず「髪が減る」などということがあるのでしょうか。

 

植毛後には多かれ少なかれ髪の毛の「一時的脱落」が起こりますが、これらは想定内のことです。

 

時間と共に解決していくもので、先生からも「心配いらないよ」と、きちんと説明されます。

 

ところが、実はもう一つ危険な抜け毛があります。

 

それが「定着しなかった髪」です。

 

つまり、せっかく植毛しても細胞がうまく根を張れず、ダメになった髪のことです。

 

クリニック選びを始める前に、この「定着しなかった髪」についても、しっかりと把握しておきたいと思います。

植毛して髪が抜け落ちる?植毛と生着率の関係とは?

 

移植する株(グラフト)を薄毛部分の頭皮に植毛すると、しばらくして細胞と毛細血管がつながります。

 

やがて発毛機能が活発に働き始め、新たな髪の毛が生み出されます。

 

そのことを「生着する」もしくは「定着する」と言い、植毛の成功となります。

 

植毛クリニックがよく「生着率は〇〇%以上」と記しているのは、このことを指しています。

 

ところが、うまく生着しなかったグラフト、つまりダメになった移植毛は、しばらくするとパラリと抜け落ちた後、もう二度と生えてきません。

 

一時的どころか永久的脱落です。

 

これでは、植毛した意味がありません。

 

ですので、先ほどの「生着率〇〇%以上」というのは、とても重要な意味が込められているのですね。

 

 

どのクリニックも、この「生着率をいかに上げるか」ということに、多大な努力と研究を重ねています。

 

生着率の高低は、そのまま、そのクリニックの評価につながるからです。

 

植毛したにもかかわらず、一年経っても相変わらず「薄毛のまま」では、そのクリニックへの評価はダダ下がりですよね。

 

植毛業界でも、やはり施術の失敗(とまでは言えないものの、不満が残る結果)を、別の植毛院で修復してもらうことは、少なからずあるそうです。

 

サチコ

やはり、施術は実績の高い医師にお願いしたいですね

自毛植毛で生着率が下がる原因とは?

 

せっかく植毛したグラフトが根付かない原因はさまざまですが、施術者や助手の熟練度の不足が影響することは大いにあるそうです。

 

それ以外に、植毛法によっても生着率に違いがあります。

 

サチコ

植毛の種類について詳しくは、「植毛の種類&クリニックを選ぶコツ」の記事にまとめています

 

採取した移植株(グラフト)が、もっとも傷つきやすいのは、FUE法です。

 

メスを使わないFUE法では、目で確認することができない皮膚の中からグラフトを採取しなければなりません。

 

そのために、どうしても傷つくグラフトが出てしまい、これが生着率を下げる要因となります。

 

マキ

ふ~ん。ダウンタイムが少なくていい方法なのにね~。

 

よし子ちゃん

じゃあ、ストリップ法はどうなんですか?

 

一方、メスを使って皮膚ごとグラフトを採取するストリップ(FUT)法では、毛根付きの皮膚ごとメスで切り取りますので、この採取時点でグラフトが傷つくことはほとんどありません。

 

よし子ちゃん

え、じゃあ、ストリップ法のほうがいいじゃないですか?

 

マキ

まだ、続きがあるのよ。

 

生着率を上げるためには、いかにグラフトを傷つけずに採取し、迅速に移植できるかにかかっています。

 

FUE法では、採取時にグラフトが傷つく割合は約20%だと言われています。

 

サチコ

優秀なクリニックでは、この「約20%」を、徹底的に「0%」に近づけるための努力をされています。

植毛失敗の原因|グラフト損傷はいつ起こる?

植毛の失敗でわりに多いのが、生着率が低すぎたケースです。

 

これは、後頭部などからグラフトを採取して、それを薄毛の部分へ植毛しても、細胞が根付かなかったことにより、起こります。

 

なぜ根付かなかったのかと言うと、すでに細胞が損傷(傷ついた)状態であったためです。

 

では、どのような過程で、採取したグラフトが傷つくのか、確認してみましょう。

グラフトを採取した時

 

切らないFUE法と、切るFUT法で比べてみます。

切らないFUE法の場合

 

切らないFUE法では、グラフト採取には、細いストロー状の針を使用します。

 

このストロー状の器具「パンチ」を頭皮に挿入し、グラフトをくり抜く際に、もっとも損傷率が高くなります。

 

まず、先生が頭皮の内側の様子を視認できないから、ということがまず一つあります。

 

毛根から毛が伸びている角度を調整しながら針を刺し込んでも、その時の圧力によって内部の角度は微妙に変化するため、刺し込んだパンチの刃によって傷つけてしまう、ということが起こります。

 

サチコ

これについては、現在では、吸引圧を利用する方法によって、損傷率が大幅に改善されています。

 

マキ

吸引圧ってことは・・・ピュッと吸い取るのね。

 

よし子ちゃん

それでも、中が見えない状態でグラフト採取するんですよね・・・。

よく、そんなことできますね。

 

サチコ

だから、FUE法はとても難しい植毛法なのです。

患者にとっては負担が軽くていいのですけれどもね。

 

同じFUE法でも、植毛ロボットARTAS(アルタス)を使った場合は、先生の技術力にあまり左右されず、グラフトが傷つく割合は非常に低いということです。

切るFUT法の場合

 

一方、メスを使って皮膚を帯状にはぎ取るストリップ(FUT)法は、移植毛を採取する時点では、グラフトが傷つくことはほとんどありません。

 

ただし、帯状の皮膚に無数に付いているグラフトを分ける「株分け」の際に、うっかり傷つけてしまう可能性があります。

「株分け」によるロス

 

切るストリップ(FUT)法では、植毛に適した部分の髪を、皮膚ごと細い帯状にはぎます。

 

当然、そのままでは移植することはできません。

 

帯状に切り取った皮膚から、グラフトを一つひとつ切り離していく作業「株分け」が必要となります。

 

この時に、グラフトを傷つけてしまうことがあります。

「トリミング」によるロス

 

切るストリップ(FUT)法では、株分けしただけのグラフトは不要なものがくっついていて、そのままでは植毛には不向きです。

 

株分けしたグラフトは、植毛するのに最適な状態にしなければなりません。

 

この作業を「トリミング」と呼びます。

 

このトリミング時にもグラフトが劣化したり、傷つく可能性があります。

 

なお、パンチを使って採取するFUE法では、採取した時点ですでに植毛するのに適した状態なので、トリミングの必要はありません。

 

サチコ

先生によると、表皮などの付着した汚れを取ることはある、とのことです。

グラフト鮮度の保持(時間との闘い)

 

グラフトを採取してから植毛するまでの時間も、グラフトの生着率に関係してきます。

 

採取されたグラフトは、鮮度を保持するため植毛されるまでの間、保存液に浸されて保管されます。

 

ところが、少しでも傷ついてしまったグラフトは、分刻みに弱まっていくので、生着の可能性は刻一刻と下がってしまいます。

 

グラフトは少し傷ついたからといって全てが無駄になるわけではなく、うまく生着する可能性も残っています。

 

ただ、高度な技術を有する熟練の先生であれば、グラフト採取が難しいFUE法であっても、その生着率は90%以上に高めることができるようです。

 

また、施術後の患者本人のケアによっても、その後の髪の状態や生育に多少なりとも影響があるそうなので、術後の注意事項はしっかりと守るようにしてください。

 

植毛の成功は生着率の高さで決まる!?

 

どこのクリニックも生着率の高さをアピールされています。

 

生着率が限りなく100%に近づく、ということは、それだけ失う髪が少なくてすむ、ということなのです。

 

なぜ、これほど生着率を唱えるのかというと、植毛で髪は増えないからです。

 

植毛は、髪を移動するだけで、総本数が増えるわけではありません。

 

10万本の髪が生えていれば、どこへ移動させようと髪の本数は10万本のままです。

 

サチコ

これが生着率でいうと100%の状態ですね。

現実には100%は難しいですが。

 

それが植毛施術の工程で、採取したグラフトが傷つき、生着しなかったとすれば、今まで頭に生えていた髪から、その分が施術によって失われる、ということです。

 

しかも、AGAの影響を受けない「抜ける予定のない髪」が、です。

 

毛根ごと失われるので、完全なる喪失となります。

 

クリニックも神経をとがらせるわけです。

 

技術を磨き、医療器具に改良と工夫を重ねるわけです。

 

植毛施術をする技術者は、患者の財産(毛髪)を預かるようなものですからね。

 

そういうことで、植毛を考えたときには、治療価格よりもまず、技術の確かな信頼のおけるクリニックを探してください。

 

サチコ

価格のことは、クリニック候補を決めてから、悩めばいいと思います。

 

一生ものの髪(毛根)を失っては、元も子もありませんからね。

まとめ

 

生着率というのは、植毛施術を受けるにあたって、とても重要な数値です。

 

そしてそれは先生の技術に大きく左右される、ということを覚えておきたいですね。

 

グラフトが傷つきにくいと言われるストリップ法であっても、株分け・トリミングの段階でダメにしてしまう可能性があります。

 

一方、採取時にグラフトを大いに傷つける(20%程度)と言われるFUE法でも、先生の異様な技術力と、進化した医療器具を駆使して猛然とカバーしきっています。

 

また、FUE法の難点をカバーする植毛ロボットですが、トリミングの必要性によっては、多少グラフトにダメージを与える可能性はあります。

 

なので、これも、やはり先生と助手の高い技術力とチームワークが試されるところです。

 

もう一つ、生着率というものについて、皮肉な意見を述べさせていただきます。

 

植毛クリニックが公表している数値は、測定条件によって、上げたり下げたりできる、ということです。

 

サチコ

数字はコントロールしようと思えばできる、ってことですね。

 

例えば、ある商品に対してアンケート調査を行うとしても、その商品に対しての好感度の高いグループと、低いグループとでは、得られる評価は違います。

 

これを任意で調整すれば、当然、望む結果(数字)へと誘導することが可能になります。

 

ですので、この生着率については「確かな技術力をもって顧客満足度は高いです」というPR文だな、と思うぐらいがちょうどいいでしょう。

 

それを確かめる術(すべ)は、われわれにはないのですからね。

 

よし子ちゃん

じゃあ、結局何を信じたらいいんですかぁ~?

 

そういった不確かな装飾よりも、ごまかすことのできない先生の経歴、経験年数、(先生本人の)症例数などの実績を目安にクリニックを絞っていく方が、ずっと確かだと思います。

 

また治療費に関しては、高水準の植毛施術となると、クリニック間にそこまで大きな差はないことも、お伝えしておきます。