きちみや

こんにちは、髪ふさアドバイザーの吉宮です。

 

 

AGA治療薬でも、成長因子を使った発毛治療でも改善する見込みがない、すっかり進行してしまった薄毛・若ハゲでも、自毛植毛であれば、薄毛の悩みを解消することは可能です。

 

 

さんざん悩んだ末に、勇気を出すための一言がほしくて、誰かに植毛する考えを打ち明けてみたところ、「ふーん、まあいいんじゃないの?」という、今ひとつ親身でない返事か、

 

「そんなことまでしなくても…」

「自然のままでいいんじゃないの?」

「みんな年とったら、そうなるんだし…」

「いっそ、ボーズにしてみたら?あんがい似合うと思うよ」

 

などという、せっかくの決心がにぶるような反応が返されることが多いようです。

 

 

そもそも、薄毛は病気ではありません。

病気以外で、身体に負担をかけるようなことは、できればしないほうがいいんじゃないか、という心配のほうが先立つからこその否定的な反応かもしれません。

 

 

そう考えると、家族や恋人に相談した場合に、「やめたほうがいい」という否定派が多くなるみたいですね。

 

 

まさしく「親身になって」考えてくれているのかもしれません。

 

 

マキ

もし失敗したら・・・。

それこそ、大変な姿になっちゃうもんね・・・。

 

よし子ちゃん

うん、こっちはもう見慣れてるから、そのままでもいいじゃない、って思いますよ。

 

やはり、植毛をするかどうかは自分自身で決断しなければならないようです。

 

 

そして、植毛する際には、じっくりと情報を集め、治療方法などの下調べを十分にする必要があります。

 

 

その第一歩として、周囲の人を不安にさせないためにも、自毛植毛の安全性はどの程度なのか、確認しておきたいと思います。

 

 

 

植毛手術の安全性ってホントのところ、大丈夫なの?

 





日本で受けることのできる植毛には、自毛植毛と人工毛植毛とがあります。

 

 

人工毛植毛は過去に感染症などの大きな問題があったために、アメリカのように今でも法律で禁止している国もありますが、日本では可能です。

 

 

感染症が問題となった時代から、技術の進歩もあって、あらゆる改良改善で安全性も高まったようですが、毎日のケアが必要なことに変わりはありません。

 

 

人体にとって異物を植え込むことになるので、やはり患者一人ひとりが行うケアがとても重要ですし、その方法次第で、トラブルの可能性は常にあります。

 

 

サチコ

人工毛植毛については、こちらの記事をご覧くださいね。

 

一方、移植する毛が自分の髪というだけで、自毛植毛は本当に安全と言えるのでしょうか。

 

 

拒絶反応は?

感染症の心配は?

安全というなら、その根拠は?

 

 

これは、ドクターが必ず口にする言葉ですが、医療において何事にも「絶対」はありません。

 

 

医師の技術や、患者の体質、状態などにも左右されることを思えば、確かに「絶対、大丈夫」「絶対、安全」とは言えませんが、それでも自毛植毛自体の安全性を見定めることは、過去の診療実績のデータから、ある程度は可能です。

 

 

自毛植毛の成功率は?過去の臨床実績から探る安全性

 

 

自毛植毛にはそれなりの歴史があり、膨大な臨床実績がすでに存在しています。

 

 

「絶対」という言葉を、絶対に避けるドクターの話を聞きつつ、過去の実績から安全性を探るのも、一つの方法かと思います。

 

 

例えば、2015年度をとり上げてみても、その年だけで、世界全体で39万7048件の植毛施術が報告されています。

 

 

マキ

そんなに多くの人が植毛をしたのね~。

 

これを男女の割合でいうと、

 

  • 男性が全体の84.3%
  • 女性が全体の15.3%

 

となっています。

 

 

マキ

こうして数字で見ると・・・男性が圧倒的多数ね。

 

また、マイケル・L・ビーナーという博士が、植毛手術に関する複数の報告を検討して、

 

「自毛植毛術は82.5%以上という高い生着率が得られる」

 

という結論に至ったことを、自身の著書の中ではっきりと書いています。

 

 

生着率というのは、薄毛部分に植え込んだ髪(毛根)が、そこにきちんと定着する割合のことです。

 

 

定着する、ということは植毛が成功したことになります。

 

 

よし子ちゃん

つまり、82.5%ってのは成功率が高いってことですか?

 

マキ

今の日本の植毛界では90%オーバーの生着率らしいわよ。

 

このように、自毛植毛では生着率の高さが、そのまま患者の満足度につながるところでもあるので、日本の植毛界は限りなく100%の生着率を目指して、今日に至っているそうです。

 

 

自毛植毛業界も、長い年月の中には成功例だけでなく、上手くいかなかったケースも当然あります。

 

 

それを踏まえて、さらなる工夫と研究で技術改善、数々の問題点の克服がされてきました。

 

 

その結果、今では高い技術を持った医師が行う植毛施術では、その後の経過観察においても重篤な後遺症、感染症などの報告はありません。

 

 

移植毛の生着率も高いことから、自毛植毛は安全性の高い治療法と言われるようになりました。

 

 

自毛植毛に拒絶反応は起こる!?

 

 

もう1点、気になるのが拒絶反応についてですが、自毛植毛では自分の細胞(毛根)を移植するだけです。

 

 

つまり、体にとって自分の毛根(細胞)は異物ではないので、拒絶反応のリスクは、限りなくゼロに近いと言えます。

 

 

毛髪再生治療で幹細胞を使う治療法がありますが、これも自分の細胞を採取して自分で使うので、拒絶反応などは起こりにくいとされています。

 

 

サチコ

これを「自家細胞」と言いますよ。

 

また、高度な医療施設で行われる自毛植毛では、感染症のリスクもほとんどないため、自毛植毛は安全性の高い、根本的な薄毛治療法とされています。

 

 

手術自体は1日で終わり、最近は手術直後でも他人にバレない方法もあるので、進行してしまったAGAの治療方法として再注目されています。

 

 

ただし、

経験豊富で高い技術を有するクリニックに限ります。

 

 

失敗したくない人のための「おすすめ」植毛クリニック in Japan

 

 

植毛の安全性って本当はどう?日本の皮膚科学会の評価では…

 

 

いくら植毛クリニックのドクターや周囲の人間が「自毛植毛は安全性が高いから、大丈夫」と言ったところで、今一つ不安が残りませんか?

 

 

もう少し確信をもちたくて、ネット検索で口コミを探してみても、良い評価もあれば、こき下ろすような書き込みもあったりして、何が真実かわからなくなったりもします。

 

 

どちらにせよ、ネット上の口コミは評価した人の顔が見えないので、良い口コミも悪い口コミも参考程度にしかなりません。

 

 

とはいえ、植毛は外科手術ですし、慎重にもなります。

 

 

やはり、自分自身が納得し、安心して手術を受けるためにも、もうちょっと何か、公正で信頼度の高い評価が欲しいな、と考えます。

 

 

そこで、植毛クリニックとは一定の距離をおいた皮膚科学会の評価というものがありますので、そこに安心材料となるものがあるかどうか、見ていきたいと思います。

 

 

皮膚科学会の植毛に対する評価とは?

 





日本皮膚科学会が2017年に発表した『日本皮膚科学会ガイドライン』に、男性と女性の薄毛治療に関しての有効性をまとめたレポートがあります。

 

 

サチコ

前回の2010年版『男性型脱毛症診療ガイドライン』の改訂版ですね。

 

その中で、薄毛治療法の一つとして、植毛に関する項目もあります。

 

 

皮膚科学会の結論としては、こうです。

 

  • 男性型脱毛症には自毛植毛術を行うよう勧める。
  • 女性型脱毛症には、自毛植毛術を行ってもよい。

 

 

マキ

おお!皮膚科学会のお墨付きね!

 

サチコ

「ただし」が付きます。

 

ただし男性に関しては、

『AGA治療薬で効果が十分でない場合、そして、ほかに治療方法がない状況において、自毛植毛を勧める』

とあります。

 

 

女性の場合も、

『ほかに改善する手段がない場合は、自毛植毛を行ってもよい』

となっています。

 

 

そして、植毛をする場合は、

『経験豊富で、高度な技術を持った医師に限る』

とあります。

 

 

マキ

そりゃあ・・・未熟者に施術されたら、取り返しがつかなくなるわよ。

 

よし子ちゃん

失敗の報告もあるから、そう言ってるんですよ・・・。

 

サチコ

良いクリニックを、真剣に選んでくださいね。

 

 

一方で、人工毛植毛については、

『男性型脱毛症・女性型脱毛症ともに人工毛植毛術を行うべきではない。』

とのことです。

(参考資料:日本皮膚科学会ガイドライン2017年度版)

 

 

人工毛植毛は体が異物排出するので、少しずつ抜けていき、5年ほどで植えなおす必要が出てきます。

 

 

何よりも、術後の毎日のケアが十分でないと感染症の心配があるので、当サイトでは、おすすめしていません。

 

植毛の種類|自毛植毛と人工毛ならどっちがおすすめ?

 

あと、女性に関しての自毛植毛のおススメ具合が今一つ、煮え切らない感じですよね。

 

 

男性AGAの「すすめる」に対して、女性FAGAへは「行ってもよい」となっています。

 

 

これには、男女それぞれの薄毛の特徴や、移植毛を採取する部位などが関係しています。

 

 

くわしくは、こちらの記事をご覧ください。

 

 

まとめ

 

皮膚科医 高宮先生



ここまで、自毛植毛の安全性について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

 

人工毛植毛にくらべて、世界的にも長年の診療実績がある自毛植毛は、安全性が高い薄毛治療とされています。

 

 

さらに、近年の技術革新で、傷あとの残らない手法や、術後のヘアスタイルに影響しない方法なども編み出され、女性など見た目を気にする方でも、自毛植毛を受けやすくなってきました。

 

 

サチコ

AI搭載の植毛ロボットなども登場しています。

 

ただ、皮膚科学会のレポートでも記されていたように、植毛手術は経験豊富で、高度な技術を持ったドクターにお願いしなければ、望み通りの結果には届きません。

 

 

経験豊富、というのは、それだけ手術件数が多いということです。

 

 

ぜひ、過去から現在にいたるまで、どれほどの経験を積んだドクターかを見定めて、そういうドクターのいるクリニックを見つけてください。

 

 

経験豊富なドクターによる植毛ならば、安全性にも十分に配慮し、なおかつ生着率も限りなく高いカミワザを披露してくれると思います。

 

 

そのためにも、自分が納得いくまで、しっかりと情報収集してくださいね。

 

 

失敗したくない人のための「おすすめ」植毛クリニック in Japan